輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「日・中・韓 新三国志」 黒田勝弘 古森義久 「本日の1冊(13748)」



「日・中・韓 新三国志」 困った隣人との付き合い方

著者 黒田勝弘 古森義久

徳間文庫
評価 ★★★★☆


どしてこんなに近くなのに判り合えないのか?
いろいろ考えますが やはり、国、それぞれの生い立ちが大きいと思います。

この本は著者をみて判る通り、中国、韓国に精通している二人が語りあっています。

歴史的にみた中華思想からの距離感がそのまま今の三国の距離感をつくっていると思います。

いつまでも分かり合えない隣人とどう付き合うか?
昔も今も未来も変わらない気がします。


スポンサーサイト

作家カ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「ラッシュライフ」 伊坂幸太郎 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

こんばんは!
私は今人間不信に陥っています。だからかもしれませんが、分かり合えない人は、私以外のすべてすべてです。もしかすると、自分自身もわかっていないかもしれません。だからコミニュケーション、ちょっとした関わりを大切にしたいと思っています。知らない人間を戦争で殺せても、言葉を交わした人間に銃身を向けることが出来るでしょうか?インターネットで世界国家が出来ると良いですね。音楽のビデオクリップを見ていると国籍は関係ないと思ってしまいます。ピカソ「ゲルニカ」だって、そうですよね。洗脳させれっず、自分自身で自国だけでなく、世界平和を希求する人間が増えることを祈ってます。
2007-07-20 Fri 22:41 | URL | 茨木 月季 [ 編集 ]
茨木 月季さん
>こんばんは!
>私は今人間不信に陥っています。だからかもしれませんが、分かり合えない人は、私以外のすべてすべてです。もしかすると、自分自身もわかっていないかもしれません。だからコミニュケーション、ちょっとした関わりを大切にしたいと思っています。知らない人間を戦争で殺せても、言葉を交わした人間に銃身を向けることが出来るでしょうか?インターネットで世界国家が出来ると良いですね。音楽のビデオクリップを見ていると国籍は関係ないと思ってしまいます。ピカソ「ゲルニカ」だって、そうですよね。洗脳させれっず、自分自身で自国だけでなく、世界平和を希求する人間が増えることを祈ってます。
-----
コメントありがとうございます。

自分も今、いろいろな面で落ち込み気味です。
少しづつ頑張ろうと思っています。

ほんとに自分ばかりでなく人の気持ちがわかる人が増えるといいと思います。
2007-07-20 Fri 22:56 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。