輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「シャーロック・ホームズと賢者の石」 五十嵐貴久 「本日の1冊(13748)」



シャーロック・ホームズと賢者の石

著者 五十嵐貴久
カッパ・ノベルス
評価 ★★★★☆

ホームズシリーズ のパステーシュ集

-----------------------------------------
彼が死んだ理由 -ラインヘンバッハの真実

最強の男 --バリツの真実

賢者の石 --引退後の真実

英国公使館の謎 --半年間の空白の真実
--------------------------------------
の4編

や~、面白かった。最初の1篇を除き、超有名人の若い頃とホームズがからんでて楽しいです。(いずれも最後でその人がわかるのですがそれが 楽しい驚きです)

最初の”彼が死んだ理由 -ラインヘンバッハの真実” エッっと
驚く内容ですよ。

最後に日暮雅通さんの解説 ”ホームズ・パロディ/パスティーシュの華麗なる世界”は、 ホームズが好きな人にとって必読?ではないでしょうか。

自分は”賢者の石”と日本が舞台の”英国公使館の謎”が好きです。

楽しめました。
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ニュートン 8月号 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「新歴史の真実」 前野徹 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

ほぅ~~こんな本もあるんですねーー♪おもしろそう(*´▽`*)
早速メモしておきます♪
2007-07-06 Fri 22:26 | URL | さゆみ1194 [ 編集 ]
さゆみ1194さん
>ほぅ~~こんな本もあるんですねーー♪おもしろそう(*´▽`*)
>早速メモしておきます♪
-----

楽しいですよ。(^_^)
2007-07-06 Fri 23:45 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。