輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

20世紀SF  冬のマーケット 遺伝子戦 を読みました!

20世紀SF 5

20世紀SF 5
価格:1,026円(税込、送料別)



20世紀SF 6

20世紀SF 6
価格:1,026円(税込、送料別)



長いあいだ、積読していた 河出文庫の20世紀SF を読了した。
<1>~<6>巻までで1940年代から1990年代の英語圏の代表的SFを網羅したアンソロジー。

ミステリーにおける創元推理文庫の江戸川乱歩編の「世界短編傑作集」全5巻に相当する内容と言えば良いのか。
SF好きを自認するには必須なシリーズかな。

読破したので印象に残ったのを上げてみる。

<6>巻からは絶対これ
「しあわせの理由」グレッグ・イーガン
早川文庫から同題の短編集がでていてそちらで読んだので再読。
何度読んでもすごいです。SF短編のオールタイムベストの1位か2位が定位置がなっとく。

脳の損傷で幸福を感じられなくなった、主人公。手術によってその感覚を取り戻す。だけどなんでもかんでも幸せにおもえてしまう。そう、好みの区別がつけられないのだ。そこで、脳内に仮想の制御コンソールを設定しスライドボタンで物事の好き嫌いを設定するようプログラミングされる。その想像上のボタンを自身で操作することで、好きなものが嫌いになったりする。この意識的に好みを操作しないと自分の個性も好みも得られない。
 幸せとは、脳内の化学反応にすぎないのか?世の中には多幸感をもたらすドラッグがある。薬で得られる幸せと自然に得られる幸せ感のときの脳内の働きが同じだとしたら・・・・これは恐ろしくも悲しい物語でした。

<5>巻からは
「征たれざる国」 ジェフ・ライマン
戦火の絶えない国で体の一部をうって生活していく人々。生きること、人間とは、死とは。国とは・・・色々な事を問いかけられます。深い話でした。

短編集なので、忘れてしまうのが早くて感想がかけない・・・・泣

スポンサーサイト

アンソロジー | コメント:3 | トラックバック:0 |
| ホーム | 2月の読書まとめ>>

コメント

日向さん、こんばんは~(^^♪
超久々のコメントになってしまいました<m(__)m>

グレッグ・イーガンの『しあわせの理由』は
タイトルに惹かれて手に取ったことがあります^^
そのときは、SF初心者の私には
まだ早そうな気がしたので購入しなかったんですけど、
いつか読破できたらなぁ、と思ってます(*^_^*)

ドラッグで得られる幸せ感と自然に得られる幸せ感の
脳内の働きが同じだなんて…
ホント、めちゃめちゃ恐ろしいですね><
ドラッグで身体がボロボロになるだけ損かも…(-_-;)
でも、幸福感をコントロールするっていう設定にすっごく興味をそそられます♪



2015-04-12 Sun 17:57 | URL | miwa125 [ 編集 ]
日向さん、こんにちは~♪

出張からバタバタしていて、ようやく少し落ち着いてきました^^;
またそちらに行った時には、今度こそ是非お会いしましょう!!!

>1940年代から1990年代

おぉ……これは凄そうなアンソロジーですね!
SFを読み始めてまだ日が浅いので、
ハードなものがあったら読破できるだろうか?という不安はありますが、、、
代表的な作品が揃っているとなると、すごく心惹かれます*^^*

>「しあわせの理由」グレッグ・イーガン

日向さんが絶賛するこの作品。是非読んでみたいな~!!
2015-04-18 Sat 17:27 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
2017-01-08 Sun 16:08 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。