輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「その女アレックス」ピエール・ルメートルを読みました。



帯の煽り6冠達成に釣られて読んでみた。
開幕そうそうアレックスが何者かに誘拐監禁されます。
一部では、助かるのかドキドキします。
そして、その結末からが、予想外の方向へと進みます。

題名からなんとなく想像できますが、アレックス只者ではありません。
そして、なんだこの物語とおもっているとまた別のベクトルに方向転換。

1部、2部、3部と変わりようがすごいです。

追う方のちびの刑事とけちの相棒、金持ちでとてもおしゃれな刑事の三人のチームがまた、いい味でてます。
ほろりとした良いエピソードもあって凄惨な話のなかですくわれます。
久しぶりのミステリでしたが、面白かったです。
スポンサーサイト

作家ラ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2015年1月の読書のまとめ | ホーム | 「黒い破壊者」中村融編を読みました。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。