輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「黒い破壊者」中村融編を読みました。



創元SF文庫
アンソロジー 
評価 ★★★★☆

宇宙生命SF傑作選です。

6編、収録されているのですが、どれも面白かったです。

妖精の棲む樹(ロバート・F.ヤング)は、切られていく樹が痛々しくてぐっときます。妖精とのやりとりも胸に来ます。いつまでも印象に残る作品で、好きです。

黒い破壊者(A.E.ヴァン・ヴォークト)は表題作。一番面白かった。猫の様な姿をしているケアルとの息が詰まるほどの戦い。本来なら人類を応援するところですが、ケアルを応援したくなるのは何故?

おじいちゃん(ジェイムズ・H.シュミッツ) は恐ろしかったです。この惑星では共生関係がキーワードですね。制御できなくなった筏(おじいちゃん)はほんとに怖かったです。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
深宇宙へ進出した地球人類を待ち受ける、多種多様な宇宙生命。彼らとのコンタクトこそはSFの醍醐味のひとつであり、そこからセンス・オブ・ワンダーが生まれるのだ。そうした作品の中から生物学的な面白さが秀逸な中短編を集成した。本邦初訳作1編、書籍初収録作4編、そして後に『宇宙船ビーグル号の冒険』の第1話となる貴重な原型作品を加えた、ヴァラエティに富む全6編。

【目次】(「BOOK」データベースより)
狩人よ、故郷に帰れ(リチャード・マッケナ)/おじいちゃん(ジェイムズ・H.シュミッツ)/キリエ(ポール・アンダースン)/妖精の棲む樹(ロバート・F.ヤング)/海への贈り物(ジャック・ヴァンス)/黒い破壊者(A.E.ヴァン・ヴォークト)
スポンサーサイト

アンソロジー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「その女アレックス」ピエール・ルメートルを読みました。 | ホーム | 「火星の人」アンディ・ウィアーを読みました!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。