輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「火星の人」アンディ・ウィアーを読みました!


著者 アンディ・ウィアー
ハヤカワ文庫SF

評価 ★★★★★

今回、読んだのは火星にひとり残されて、なんとか生き延びようとするサバイバル。
猛烈な砂嵐で折れたアンテナの先端が胸に刺さり、死亡したと思われた、マーク・ワトニー。
しかし、奇跡的に生きていた。
物資は当面分はある、しかし4年後に計画されている火星ミッションまでは食料がもたない。
そこでじゃがいも!を栽培したり、地球との交信を復活させようと試行錯誤したり、縦横無尽なアイデアが飛び出してきます。それがなんとも面白い。

こう言う絶望的な状況だと、重苦しい話になるのが普通なのですが、マークの明るさで全然、そういう感じがありません。
それどころか、笑ってしまう場面があったりします。

もし、自分が同じ状況にたたされたら、こんな風に考えられないな~~
宇宙開拓SFの歴史になる本だと思います。

面白いです。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
有人火星探査が開始されて3度目のミッションは、猛烈な砂嵐によりわずか6日目にして中止を余儀なくされた。だが、不運はそれだけで終わらない。火星を離脱する寸前、折れたアンテナがクルーのマーク・ワトニーを直撃、彼は砂嵐のなかへと姿を消した。ところがー。奇跡的にマークは生きていた!?不毛の赤い惑星に一人残された彼は限られた物資、自らの知識を駆使して生き延びていく。宇宙開発新時代の傑作ハードSF。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ウィアー,アンディ(Weir,Andy)
カリフォルニアに素粒子物理学者でエンジニアの息子として生まれた。15歳で国の研究所に雇われ、現在までプログラマーとして働いている。科学、とくに宇宙開発に強い関心を寄せ、初めて発表した小説が『火星の人』である。『火星の人』は、まず自らのサイトに公開され、その後キンドル版を発売。発売後3カ月で、35000ダウンロードを記録した。その後、2014年に紙書籍版が発売された
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<「黒い破壊者」中村融編を読みました。 | ホーム | 「闇の左手」アーシュラ・K・ル・グィンを読みました。>>

コメント

日向さん、こんばんは!

『火星の人』いいですよねー!自分の中で、今年のベストを『図書室の魔法』とで二分してますw

これは初心者にこそ読んで欲しいSFですよね!!!NASA的な専門用語も出てくるけど、ストーリイは至ってシンプルで、しかも主人公マークの語り口がユーモアあふれてスルスル読めるので、ぜひ広く読んでもらいたい!!
2014-12-19 Fri 20:14 | URL | 亮人 [ 編集 ]
日向さん、おはようございます~♪

これはまた面白そうですね~*^^*
自分だったら、一人取り残されてじゃがいもを育てようとは思わないかも!(笑)
あらすじにハードSFと書かれているのが気になりますが、読み易いみたいですね。
これは是非とも来年挑戦してみようかなと思います!
作者さんの経歴もすごいですねw(゚o゚*)w

毎年恒例のベスト本、そろそろ決めなくちゃ~と思うのですが、
今年はあまり本を読めなかったので、案外サクッと決まりそうです(笑)
2014-12-21 Sun 07:16 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~(^^)/

火星でジャガイモ栽培ですか~?
無事に栽培出来たのかも気になりますが、
そもそも、火星に何故ジャガイモを持っていったのか???
私的には、そこが一番気になります(笑)

ちょっぴり笑えるSFも良いですね!(^^)!
私も是非チャレンジしてみたいです♪
ハードSFですか。そこら辺は、
ちょっとハードルが高そうですね~(~_~;)
2014-12-21 Sun 17:54 | URL | miwa125 [ 編集 ]
亮人さん、こんにちは!
最高の作品でしたね~間違いなく今年のランキングに入る本でした。
そして愉しかったですね。荒唐無稽なSFではなくて、現実にそっているところがまた凄い。
2014-12-23 Tue 17:33 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanacoさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

今年ももう少しでおわりますね~
ベストを選ぶ程、読んでないのが悲しいですが、選んでみようかな・・・

この本、面白いですよ~
ユーモアもあってサクサク読めます^^
2014-12-23 Tue 17:35 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
miwaさん、こんばんは!

ハードル高くないですよ~
難しいところはサクっと読み飛ばせば大丈夫^^

次々と襲ってくる困難を乗り越えるところが凄く面白いですよ!
是非読んでみてくださいね。
2014-12-23 Tue 17:38 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。