輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「図書室の魔法」ジョー・ウォルトン を読みました。





創元SF文庫

評価 ★★★★★

ご無沙汰してます。すごっく久しぶりに更新します。

今まで何してたかと言うと特にないのですが・・・・
本を読むのも、最近は少ないです。少しづつですが、また読もうとおもいます。

今回、読んだ本は、双子の少女 モリの日記の形で物語が進みます。
上巻の表紙にあるように、ある事故で足を怪我して杖をついています。その事故で姉を亡くしています。

そんなモリの一番の楽しみは本、読書、図書室です。それもファンタジーやSFが中心。
日記のなかに、トールキンの「指輪物語」やみんなが知ってる、あるいは知らない、小説の題名が頻出します。
読んでいる本の数がまた凄まじいです。15歳ですが、自分よりずっと読んでます。
それだけで、本好きにはたまりません。

モリは狂気の母親(モリ曰く魔女)から逃れ、始めて父のところに行きます。
父は母の元から逃亡し離婚しているので、顔をしりません。
その父もだいのSF好きなのを知り、これならやっていけるかもと少し安心します。

モリは寄宿学校に入れられます。そこでも図書室の司書アリスンと知り合います。
モリにはフェエアリーが見えます。
妖精は、自分たちが想像する、可愛らしい姿ばかりではなく、中には醜いのもいて、そこが現実味をあげているように思います。

上巻の最後、読書クラブを知り、その活動に参加するところから、俄然話が面白くなります。

本を心の底から愛したならば本もあなたを愛してくれる。

この言葉にこの本の全てがあります。

そうそう、モリは魔法が使えるのですよ。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
15歳の少女モリは精神を病んだ母親から逃れ、一度も会ったことのない実父に引き取られたが、親族の意向で女子寄宿学校に入れられてしまう。周囲になじめないモリは大好きなSFと、自分だけが知る魔法やフェアリーの秘密を支えに生きてゆこうとする。1979-80年の英国を舞台に、読書好きの繊細な少女が日記に綴る青春の日々。ヒューゴー賞・ネビュラ賞・英国幻想文学大賞受賞作。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本を心の底から愛したならば、本もあなたを愛してくれるー疎外感に苛まれながら、大好きな小説や秘密の魔法を心の支えとするモリ。やがて彼女は町の読書クラブに誘われ、初めて共通の話題をもつ仲間と出会う。だが母親の執拗な悪意は彼女を苦しめつづけ…。ひとりぼっちだった繊細な少女の青春を描き、本を愛し本に救われた経験をもつ多くの読者の共感を呼んだ、感動の物語。
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<11月30日 富士山マラソンにでました。 | ホーム | 「図書室の魔法」ジョー・ウォルトンを読みはじめる>>

コメント

日向さん、こんばんは!
自分もほぼ同時期に読み終わって、シンクロニシティを感じますwシンクロというか、今年の本を年末を前に読んだだけですけどw
本篇は、日記形式で淡々と書いてるんですけど、熱い読書感想が途中で垣間見えたりして、SF好きとしてはメッチャ共感してまいますよね!!
これといった急展開はないものの、共感と感動をしてしまいました!!
2014-12-04 Thu 00:48 | URL | 亮人 [ 編集 ]
日向さん、お久しぶりです~♪
ブログの更新…嬉しいのと同時に、
何だかホッとしました~(*^_^*)
これからも楽しみにしていますね☆

この本、私もチェック済みで、
内容が気になったので、
マイ読みたい本リストにも挿入済みです(*^^)v

本好きにはたまらないポイントが満載な作品みたいですね!
主人公のモリが、ファンタジーとSF好きというところにも共感できそうだし、
読書クラブも興味深いわぁ~(^^♪
私も来年早々にでも読んでみたいと思いまーす!!
2014-12-06 Sat 11:54 | URL | miwa125 [ 編集 ]
亮人さん、こちらにもコメントありがとうございます!!

「図書室の魔法」面白かったですね~~あの巻末のリストには感動します!ディレーニーとかグィンとかもっと読みたいです。
2014-12-08 Mon 20:55 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
miwaさん、こんばんは!
ブログほっておいてごめんなさい。
またぼちぼちと再開しようと思うので宜しくお願い致します。

この本、本好きの人には堪らないと思いますよ。特にファンタジーやSFが好きならなおさらな内容です。
2014-12-08 Mon 20:57 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。