輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「夢幻諸島から」クリストファー・プリーストを読みました!


作者 クリストファー・プリースト
早川書房 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5011
評価 ★★★★★

プリースト初読みです。
明日発売の「SFが読みたい!2014年版」の上位にランクされるであろう作品なので駆け込みで読みました^^

時間勾配で正確な地図が作れない夢幻諸島(ドリーム・アーキペゴラ)の無数にある島々の紹介という体裁をとってます。
長編か?というより連作短編集の趣。

最初は、なんだろうこれって感じで外したか?と思うのですが、最凶猛毒昆虫スライムの話から面白くなっていきます。
そしてこの物語集には、共通した登場人物が度々登場し、その人々が交差していきます。
 パントマイム芸人コスミが劇場で奇術につかう巨大なガラスの下敷きになって殺される。そしてその犯人ともくされる人の死刑。
それぞれが別の話で語られる。そしてその死刑に疑問を呈し、犯人は別にいるのではという話。それを書いたのが諸島で有名なカウラー女史。カウラーは著名な作家チェスター・カムストンの葬儀に単独で列席したあと,謎の死亡。

そうそう、猛毒スライムの話。これに触れるとあっという間に全身に毒が。黒くてかなり大きい。それが猛スピードで移動する。イメージはまっくろくろすけの巨大版かな?これは怖い話。

ひとつ異質な話があって、それは人の精神に異常をきたすなんらかの、力を発する、黒い塔。この古い遺跡を調査しにいくのだけれど、この話は怖い。これだけ、ホラーでラヴクラフトみたいでした。

 はめ絵みたいな面白さです。

-----------------------------------------------------------------------
〈英国SF協会賞/ジョン・W・キャンベル記念賞受賞〉死と狂気に彩られた無数の島々〈夢幻諸島〉には、それぞれに美しくも儚い物語がある……。語り/騙りの達人プリーストが紡ぐ眩惑の連作集
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
時間勾配によって生じる歪みが原因で、精緻な地図の作成が不可能なこの世界は、軍事的交戦状態にある諸国で構成されている「北大陸」と、その主戦場となっている「南大陸」、およびその間のミッドウェー海に点在する島々「夢幻諸島」から成っている。最凶最悪の昆虫スライムの発見譚、パントマイマー殺人事件、謎の天才画家の物語…。死と狂気に彩られた「夢幻諸島」の島々には、それぞれに美しくも儚い物語があった。語り/騙りの達人プリーストが年来のテーマとしてきた「夢幻諸島」ものの集大成的連作集。英国SF協会賞/ジョン・W・キャンベル記念賞受賞作。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
プリースト,クリストファー(Priest,Christopher)
1943年イングランド生まれ。1995年に刊行した『奇術師』は世界幻想文学大賞を受賞、クリストファー・ノーラン監督の手によりハリウッドで映画化された(映画化名「プレステージ」)。2002年に発表された『双生児』は英国SF協会賞とクラーク賞を受賞した(以上、早川書房刊)。『夢幻諸島から』で英国SF協会賞、ジョン・W・キャンベル記念賞受賞。名実ともに現代の英国SF/ファンタジイ界を代表する作家である

古沢嘉通(フルサワヨシミチ)
1958年生。1982年大阪外国語大学デンマーク語科卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

作家ハ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<記録的な大雪の翌日 | ホーム | 「皆勤の徒」酉島伝法を読みました!>>

コメント

日向さん、こんにちは~(^^♪

夢幻諸島…何気に興味を引かれるタイトルですね^^
まっくろくろすけの巨大版の猛毒昆虫スライム、
怖いけど、めちゃめちゃ気になります><
でも、私の貧弱な妄想力では、
どうしても可愛くなっちゃうんですけど…(笑)
ホラーな黒い塔のお話も、何だか面白そう♪

ところで。。。
そちらは雪の方はどうですか!?
こちらは、朝に少しだけ積もったんですけど、
そのあと雨になって、今は全部溶けてしまいました。
ホッとしたような、ちょっぴり残念なような。。。
2014-02-08 Sat 16:50 | URL | miwa125 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~♪

クリストファー・プリーストさん…
著者情報を見ると、凄い作家さんだったんだなぁとビックリしています(笑)
沢山賞をとっているんですねぇ(▼-▼*)

この作品、なかなか奇怪なお話のようで面白そうですね!
個人的に一番興味があるのが、日向さんが最後に書かれている黒い塔のお話です。
グイン・サーガでいうと、ノスフェラスのグル・ヌーみたいなものかしら?(笑)
早速読みたい本リストに追加しておきまーす((o(^-^)o))
まずは積んである「逆転世界」から挑戦してみます!
2014-02-08 Sat 20:36 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
miwaさん、こんにちは!

この本、短い(中には中編も)お話が、沢山はいっててそれが色々事件や人物でつながっていきます。
そのつながりをたどるのが楽しいです。

雪は大変でした。これから、凍ってまた大変だと思います・・・・・
体も痛いです^^
2014-02-09 Sun 14:18 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanacoさん、こんにちは!

「夢幻諸島から」かなり面白いです。
短い話がリンクしてくのですが、ある事件の別の見方とか、逆の立場からの話が入ってて、どちらがほんと?みたいな楽しみが一杯です。

ノスフェラスのグル・ヌーってやっぱり人にダメージを与える塔なんですか?
グインも少しづつ読みたいな~
2014-02-09 Sun 14:21 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。