輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「皆勤の徒」酉島伝法を読みました!

【送料無料】皆勤の徒 [ 酉島伝法 ]

【送料無料】皆勤の徒 [ 酉島伝法 ]
価格:1,890円(税込、送料込)


著者 酉島伝法
東京創元社
評価 ★★★★★+

一読、驚嘆。とにかく凄い作品。小説の中で世界を構築するのは、幾多数多あるけど、ここまで作り込む作品はないのでないかと思う。凄い!凄いって思いながら読みました。

解説にもあるオールディスの「地球の長い午後」や山田正紀「宝石泥棒」、ミエヴィルの「ペルディード・ストリート・ステーション」これら傑作にも比肩しうるし、その表現はそれらを超えていると思う。

何が凄いって、日本語で書かれているのに、何が書かれているのか分からないところ。
従業者が登場するのだけれど、その会社で創っているのは製臓物。どろどろ、ぐちゃぐちゃです。人も社長も異形のもの。
何故働いているのか(皆勤ですよ)何のために働いているのか分からない。しかし、休まず、出勤する。そして働くのも命懸けです。

正直、一度読んだだけではあらすじも書けない。読込みを強いる作品ですが、その凄まじいまでの世界構築が惹きつけてやまない。

読むこと自体が快感になる稀有な本。(だけど、これは好き嫌いがはっきりする本だろな。厭な人は生理的に厭だと思う。)

近いうちにもう一度、読もう^^そうしないと内容紹介もできない・・・・・・

去年出版の国内SFベストだと思う。


===================================================================================
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
百メートルの巨大な鉄柱が支える小さな甲板の上に、“会社”は建っていた。語り手はそこで日々、異様な有機生命体を素材に商品を手作りする。雇用主である社長は“人間”と呼ばれる不定形の大型生物だ。甲板上と、それを取り巻く泥土の海だけが語り手の世界であり、そして日々の勤めは平穏ではないー第二回創元SF短編賞受賞の表題作にはじまる全四編。連作を経るうちに、驚くべき遠未来世界が読者の前に立ち現れる。現代SFの到達点にして、世界水準の傑作。
===================================================================================
【目次】(「BOOK」データベースより)
皆勤の徒/洞の街/泥海の浮き城/百々似隊商
===================================================================================
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
酉島伝法(トリシマデンポウ)
1970年大阪府生まれ。大阪美術専門学校芸術研究科卒。フリーランスのデザイナー兼イラストレーター。2011年、「皆勤の徒」で第2回創元SF短編賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
===================================================================================
スポンサーサイト

作家タ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「夢幻諸島から」クリストファー・プリーストを読みました! | ホーム | 「革命の倫敦(ロンドン)」《ブックマン秘史1》ラヴィ・ティドハーを読みました!>>

コメント

日向さん、こんにちは♪

おぉ……「ペルディード~」にも比肩しうる作品とは!!
「ペルディード~」にも度胆を抜かれましたが、何だかそれ以上みたいですね☆
その会社、何作ってるんだろ…すごく面白そう(▼-▼*)
日向さんの評価すごく高いし、是非読んでみたいです^^
どろどろ、ぐちゃぐちゃ、、、覚悟して読まなくちゃ~(笑)
2014-02-01 Sat 15:44 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanacoさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!

これ面白いですよ~でも読むのが大変です。独自の単語を駆使してるんで、意味を掴むのが大変。ほとんど雰囲気でよみました。でも癖になる文章と世界です。

好き嫌いがはっきりでる本だと思うのでちょっと心配なところもありますが・・・・
2014-02-02 Sun 20:23 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。