輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自由訳 老子 (新井満)

書評 2007-002
================
自由訳
老子
新井満
朝日新聞社
本体 1000円+税
2007/4 読了
================



2500年前の中国 春秋戦国時代に生きたと
いわれてている伝説的哲学者 ”老子”の 老子道徳経を
千の風になって ちひろの空で知られる新井満が自由訳した書籍。

手元にいつも置いておいて、何気なく読むのにいいと思う。

道(中国読みでDao) について
新井満は次の様に訳す

・・・・
あるがままに自然に
いのちの宇宙大河となって
流れつづけている
ゆったりとおおらかにね

・・・・
あなたと道(Dao)とは無縁ではない
しっかりとつながっているのだよ
<ああ、自分は道(Dao)とつながっているのだ・・・>
そう思っていきてゆきなさい
あなたはたった一人でこの世を生きているわけではない
・・・・

上善若水(じょうぜんじゃくすい)
水のように生きるのが
最高の生き方なのだよ


読んでいて落ち着けます。
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<しおり付シール | ホーム | 私の使っている手帳>>

コメント

いい本ですね*
ぜひ読んでみたいです。
今度書店やネットで探してみます*
2007-04-08 Sun 19:55 | URL | emi7160 [ 編集 ]
emi7160さん
>いい本ですね*
>ぜひ読んでみたいです。

コメントありがとうございます。

是非、読んでみてくださいね。


2007-04-08 Sun 21:23 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。