輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「皆勤の徒」酉島伝法を読みました!

【送料無料】皆勤の徒 [ 酉島伝法 ]

【送料無料】皆勤の徒 [ 酉島伝法 ]
価格:1,890円(税込、送料込)


著者 酉島伝法
東京創元社
評価 ★★★★★+

一読、驚嘆。とにかく凄い作品。小説の中で世界を構築するのは、幾多数多あるけど、ここまで作り込む作品はないのでないかと思う。凄い!凄いって思いながら読みました。

解説にもあるオールディスの「地球の長い午後」や山田正紀「宝石泥棒」、ミエヴィルの「ペルディード・ストリート・ステーション」これら傑作にも比肩しうるし、その表現はそれらを超えていると思う。

何が凄いって、日本語で書かれているのに、何が書かれているのか分からないところ。
従業者が登場するのだけれど、その会社で創っているのは製臓物。どろどろ、ぐちゃぐちゃです。人も社長も異形のもの。
何故働いているのか(皆勤ですよ)何のために働いているのか分からない。しかし、休まず、出勤する。そして働くのも命懸けです。

正直、一度読んだだけではあらすじも書けない。読込みを強いる作品ですが、その凄まじいまでの世界構築が惹きつけてやまない。

読むこと自体が快感になる稀有な本。(だけど、これは好き嫌いがはっきりする本だろな。厭な人は生理的に厭だと思う。)

近いうちにもう一度、読もう^^そうしないと内容紹介もできない・・・・・・

去年出版の国内SFベストだと思う。


===================================================================================
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
百メートルの巨大な鉄柱が支える小さな甲板の上に、“会社”は建っていた。語り手はそこで日々、異様な有機生命体を素材に商品を手作りする。雇用主である社長は“人間”と呼ばれる不定形の大型生物だ。甲板上と、それを取り巻く泥土の海だけが語り手の世界であり、そして日々の勤めは平穏ではないー第二回創元SF短編賞受賞の表題作にはじまる全四編。連作を経るうちに、驚くべき遠未来世界が読者の前に立ち現れる。現代SFの到達点にして、世界水準の傑作。
===================================================================================
【目次】(「BOOK」データベースより)
皆勤の徒/洞の街/泥海の浮き城/百々似隊商
===================================================================================
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
酉島伝法(トリシマデンポウ)
1970年大阪府生まれ。大阪美術専門学校芸術研究科卒。フリーランスのデザイナー兼イラストレーター。2011年、「皆勤の徒」で第2回創元SF短編賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
===================================================================================
スポンサーサイト
作家タ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「革命の倫敦(ロンドン)」《ブックマン秘史1》ラヴィ・ティドハーを読みました!


作者 ラヴィ・ティドハー
早川文庫 SF1916
評価 ★★★★☆

先週の日曜日に受けたアマチュア無線4級は無事合格しました。東京、晴海で受けたのですが、風が強くてこちら河口湖とあまり変わらない寒さで少し驚きました。勉強も終わったのでこれからは読書三昧かな^^


今回よんだのは「革命の倫敦」です!
ネット上の評判もおおむね好評だったのでこれは面白そうと期待して読み始めました。
(間に勉強を1週間おいたので最初を忘れてたけど・・・)

オーファン(みなしごの意、名前ではないが本人はオーファンと名乗る)が老人ギルガメッシュに会いにいくところから物語ははじまる。
舞台は英国、首相にはモリアティ(あのs・hの敵役ですね)がついている。そして女王はなんと蜥蜴族。恋人のルーシーが式典で火星探査機に”本” を載せることになり見守ることになる。そして式当日、ルーシーが火星探査機に載せようとした本が爆発。ルーシーの生死は不明となる。ここからルーシーを探す旅がはじまる。

蜥蜴に自動人形そしてどこかで聞いた人が多数登場し(ヴェルヌとかマイクロフト・ホームズとか・・・)ブックマンの陰謀(テロ)を軸に話が回ります。

元ネタが膨大すぎて、なんだか分からないけど、てんこ盛りで面白いです。
楽しいし、話が早いので退屈しません。
そうそう、本好きには あの 本の墓場みたいな 本ぎっしりの場面もでてきて楽しいですよ!!


全三部作とのことです。2巻は12月にでてます。3巻は4月予定。





作家タ行 | コメント:6 | トラックバック:0 |

Yonda?Club のマグカップを貰いました!!

IMG_0749.jpg

新潮文庫の Yonda?CLUB が 1月24日で終了との事です。
その事もあり、先月応募したマグカップが今日届きました!

終了となると淋しいですね~

こんどの日曜日 アマチュア無線4級の試験を受けることになり、今勉強中です。
それまで、本はおあずけ(泣)

頑張ります
雑記 | コメント:4 | トラックバック:0 |

2014年の目標

一月も半ばです。少し遅くはありますが今年の目標を

■読書関係
①十二国記シリーズを読む!(まだ、魔性の子しかよんでない)
②守り人シリーズを読む!(今夢の守り人までしかよんでない)
③銀河英雄伝説シリーズを読む!
④機龍警察シリーズを読む!
⑤海外SFベスト作品の未読を埋める!
⑥海外古典文学もよめたら読む!(何故か弱き・・・)
別 
①読書ノートを付ける。(やっぱり、ノートもいいのではと思って・・・)
②読んだら感想をブログに出来るだけ早くアップする。

■生活その他
①無駄遣いをしない。
②お酒を飲みすぎない。(不摂生しない)
③11月の富士山マラソンに挑戦する。(目標 完走)

良い鞄がほしいな~(迷ってるのが↓のバック)
ロードバイクも欲しい・・・

雑記 | コメント:6 | トラックバック:0 |

「家族八景」筒井康隆を読みました!

【送料無料】家族八景改版 [ 筒井康隆 ]

【送料無料】家族八景改版 [ 筒井康隆 ]
価格:515円(税込、送料込)


著者 筒井康隆
新潮文庫
評価 ★★★★☆

初読です。主人公 火田七瀬は人の心を読むことができる、超能力者。色々な(八つ)家庭でお手伝いとして働きます。
普通の努めだと自分の能力に気付かれる恐れが大きいから、その点家政婦なら、色々なところを転々とできます。

七瀬が行く家庭それぞれが、表面と心のなかがまったく別。夫や妻をののしり、避難している様なところです。
七瀬が傍観者ではなくて、自己保全から介入する場面もあります。

確かに面白いのですが正直にいうと、自分はあまり好きな話ではありません。
人の心を覗き見している後味の悪さがつきまといます。
人の心がわかってしまう事で、自分にそれが跳ね返ります。

それに誰しも、良い気持ちをもってばかりいるわけではありません。上司や妻への悪口がひとつやふたつはあるはずです。
近くに七瀬の様な人がいたら、それは警戒しますね。それにあとでその能力をしったら、そうとうショックを受けると思うし。

三部作なので、最後まで読まないと最終的な評価はできないとは思います。
作家タ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「時間衝突」バリントン・J.ベイリイを読みました!


著者 バリントンJ.ベイリー/大森望 訳
東京創元文庫
評価 ★★★★★


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
異星人が残した遺跡を調査していた考古学者ヘシュケのもとに、驚くべき資料がもたらされた。300年前に撮られた1枚の写真。そこには現在よりもはるかに古びた遺跡の姿が写っていた。これはなんらかの詐術か、それとも遺跡が除々に新しくなっているというのか?やがてタイムマシンで過去へと旅立った彼らが見たものは?波乱万丈、究極の時間SF。


今年は読んだ本はブログに直ぐアップする!目標があるので今年読んだ1つめを。
1989年に翻訳出版された本なのでかなり古いですが、面白いです!

奇想SFの傑作です。「時間衝突」はそのタイトルのとおり、時間が衝突し、地球が滅びそうになるお話。

時間が衝突って何故?って思いますよね。自分もそう思った。
それは、時間軸が複数あり、地球は同一軸上に反対方向の二つの時間軸をもった世界が存在している為。

考古学者ヘシュケは調査している遺跡の今より崩壊がすすでいる過去に撮られた写真を見せられます。これは遺跡が新しくなっていっているのか?
この世界はタイタンという、白人種が支配する世界で、それ以外は異常亜種として隔離されています。へシュケはこのタイタンの依頼で異星人の不可解な遺跡の調査を始めます。その過程でタイタン科学者が異星人の機械から複製に成功したタイムマシンに乗ることになります。そして時間旅行中に何者かに攻撃されます。そしてある世界に連れて行かれます。

いままで読んだ時間SFとは全然違う奇想で驚きます。なにしろ、時間軸にたいし斜めに横切ろうする別時間の存在があったりして、驚きます!あまり詳しくかくとこれから読むかもしれない人の楽しみを奪ってしまうかもしれないのでこのくらいにします。

一歩間違えるとバカバカしい話になるところを踏みとどまっているある意味、力技が凄いです。


作家ハ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

昨年はブログの更新をあまりしませんでした。ですので今年は初心にもどり、難しく考えない、気取らないで思ったことをブログに書いていこうと思います。

今年は色々な意味で良い年になるようにしたいです。
後悔しない年、何があっても人の所為にしないでやっていける自分になりたいです。

昨年読んだ本から、印象に残った本を選んでみます。
(順位はつけません)

■ハイペリオン ダン・シモンズ 早川文庫SF
4部作のうち 2作(ハイペリオン・ハイペリオンの没落)を読みました。オールタイムベストの上位にあがる作品だけの事はある。面白いの何の、興奮しきりです。
転移網でむすばれた宇宙連邦。その辺境ハイペリオンの謎の遺跡<時間の墓標> 抗エントロピー場が膨張し時間の墓標が開放され怪物シュライクが解き放されようとしている。時間の墓標の謎を解くべく七人の巡礼がハイペリオンを目指す。その途中、一人づつハイペリオンに関係した物語を語る。全員の物語が面白いのですが、四人目の学者の話が一番好き。悲しい。自分の娘がだんだん若返っていく。それをなんとして止めたい・・・・ ある意味「アルジャーノンに花束を」です。


■know (ハヤカワ文庫JA) 野崎まど
昨年 最後に読んだ本。 読みやすい! 頭に電子葉という、ネットにつながるための素子をくみこんだ人類。その情報公開のレベルで0~6にクラス分けされている。 主人公 連レル は情報省の役職にありレベル5。 電子葉の開発者が失踪したことから連レルは開発者を探す事になる。それはその開発者の最後の弟子が連レルだったから。面白いです。お勧め

■ブラインドサイト 創元SF文庫 ピーター・ワッツ
地球を襲った65536個の流星群。この謎を解くべく太陽辺境へ旅立つのは吸血鬼、四重人格の言語学者、感覚器官の大半を機械化した生物学者、平和主義の軍人、そしてこの物語の語り手脳を半分失った、観察者。意識についての考察が縦横する哲学的SF。
これもかなり面白いです。

後は題名だけ
■白檀の刑 

■天冥の標 Ⅵ Ⅶ 小川一水

■高い城の男 p・k・ディック

■時をかける少女(筒井康隆) 謎の転校生(眉村卓)

■これはペンです (円城塔)

■日本SF短編50 全5巻

■「時間封鎖」「無限記憶」「連環宇宙」 ロバート・チャールズ・ウィルスン

■厭な物語 アンソロジー

まだあるのですがこのくらいにします。

今年は読んだ本の感想は必ずアップしようと思います!!










未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。