輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「たんぽぽ娘」ロバート・F・ヤングを読みました!


河出書房新社 奇想コレクション
著者 ロバート・F・ヤング
評価 ★★★★★

昨夜から台風で風雨が凄いです。
今日は家からでない方が良いですね。
色々なものが転んでいます・・・・後で片付けないと。


大好きな 奇想コレクションの最終巻です。(未読なのがあと4冊あるのでまだ読めますが)
案内は最初からあったのですが、出たのは最終な「たんぽぽ娘」

「ビブリア古書堂~」でも話題だったみたいですが、自分は読んでも見てもいないので知りません。

「たんぽぽ娘」は長らく絶版で、SFマガジンのバックナンバーを探して読みましたっけ^^
それが奇想コレクションの一冊で読める事は嬉しい事です。

松尾たいこさんの表紙も素敵ですね~

あまりに有名なフレーズ
「おとといは兎を見たわ、昨日は鹿、そして今日はあなた」これが読めるだけでの手元に置いておく価値ありますね~

「ジョナサンと宇宙クジラ」もこの秋、復刊するととの事なので楽しみです。

表題作は勿論、どれも、しっとりした恋愛がらみ(中年が若い女性に恋するパターンが多いですが)で切ない愛情が描かれていてどれも素敵です。

そのなかでも好きなのが「荒寥の地より」 泣かせますよ。
どこからともなく現れた浮浪者のローン、彼を家に泊めて家族同然の生活が始まる。しかしやがて別れがやってくる。
彼にタイムマシンの話をしてもらう・・・そう彼は・・・  いい話です^^





【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「たんぽぽ娘」改訳決定版のほか、甘い男女の出会いを描いた変奏曲「河を下る旅」「11世紀エネルギー補給ステーションのロマンス」「ジャンヌの弓」、宇宙クジラと交流する孤独な男「スターファインダー」、過去が保存された部屋の扉をあける「失われし時のかたみ」、遺作となった名品「荒寥の地より」など、本邦初訳の7編を含む全13編を収録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
特別急行がおくれた日/河を下る旅/エミリーと不滅の詩人たち/神風/たんぽぽ娘/荒寥の地より/主従問題/第一次火星ミッション/失われし時のかたみ/最後の地球人、愛を求めて彷徨す/11世紀エネルギー補給ステーションのロマンス/スターファインダー/ジャンヌの弓

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ヤング,ロバート・F.(Young,Robert F.)(ヤング,ロバートF.)
1915年、ニューヨーク州生まれ。53年、スタートリング・ストーリーズ誌にてデビュー。SF誌を中心にサタデー・イヴニング・ポスト誌他にも短編を寄稿。80年代には4作の長編が発表された。86年死去

伊藤典夫(イトウノリオ)
1942年、静岡県生まれ。早稲田大学第一文学部中退。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
作家ヤ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |

「時を生きる種族」ロバート・F・ヤング他を読みました。


創元SF文庫
評価 ★★★★★



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
時間エージェントは、9世紀の宮殿から『千一夜物語』の語り手シェヘラザードを連れ帰ろうとした矢先、見知らぬ世界へ飛ばされた。さらに彼女に恋をされーヤング「真鍮の都」に始まり、時と場所を問わず過去を撮影できるカメラを発明し、何本もの“真実の”歴史映画を製作した男たちの物語ーシャーレッドの傑作「努力」まで、本邦初訳2編を含む全7編。すべて書籍初収録!

ロマンチック時間SF傑作選「時の娘」に続く今回はファンタスティック時間SF傑作選!です。


【目次】(「BOOK」データベースより)
真鍮の都(ロバート・F.ヤング)/時を生きる種族(マイケル・ムアコック)/恐竜狩り(L・スプレイグ・ディ・キャンプ)/マグワンプ4(ロバート・シルヴァーバーグ)/地獄堕ちの朝(フリッツ・ライバー)/緑のベルベットの外套を買った日(ミルドレッド・クリンガーマン)/努力(T.L.シャーレッド)

どれも面白い!

特に最後の短編「努力」は凄いと思う。過去を再現できる発明し、それをフィルムに収める。なにせ本物なので、その迫真性は真に迫る。しかし、それは知られた歴史とは違う!場合がある。はじめは、歴史にそった作品で、資金を集めた彼らはやがて世界を変えようと試みるが・・・・

「真鍮の都」アラビアンナイトの語り部シェヘラザードと落ちた先は魔神たちが住む世界、美しきシェヘラザードには魔神を封じる印がある。その力は本物? ヤングが描く作品は主人公が美しい女性に恋に落ち、色々な世界に行くパターンが多く、その淡い恋心が素敵です。

表題作の「時を生きる種族」も素敵。

そして「緑のベルベットの外套を買った日」、これも時間を隔てた恋物語。時間SFは恋愛ものにぴったりです!
普段は買わない高価な外套を買ってしまた娘、後悔し始めますが、それが時間を隔てて、彼女に・・・・これもいい味でしした


******************************
最近、ランニングを始めました。まだあまり長い時間は走れないのですが、楽しくなってきました。歩いたり走ったりしてます。
体を動かさないとなんか物足りなくなってます^^


アンソロジー | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。