輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「世界を変える日に」ジェイン・ロジャーズを読みました。


作者 ジェイン・ロジャーズ
ハヤカワ文庫SF 1909
評価 ★★☆☆☆

帯の惹句が
「たったひとつの冴えたやりかた」の純粋さで、「わたしを離さないで」の衝撃を描きだした近未来フィクション
アーサー・C・クラーク賞受賞


とおまけにこのタイトルで、これは、読まねばと期待が膨らみます。

バイオテロで女性が妊娠すると死んでしまうMDS(母体死亡症候群)に全人類は感染してしまった。有効な対策は無い。
このままでは人類は今の生存者を最後に滅亡してしまう。
 主人公のジェシー・ラムは16歳の女生徒。はじめはこれは、傲慢な人類への罰だ位に考えていた。しかし、科学者の父や同僚からの情報等で自分にも出来ることがあるのではと考えはじめる。
 そしてその決断をめぐって父と確執する。

ここまで読めば、面白そうと思いますが・・・・
少女の愛と勇気を鮮烈に描き出した作品 と あるけどこの少女の魅力がありません。なんか自分は使命感に燃えて、世界の為に犠牲になるみたいな、一途な行動に走るんですが。
なにが衝撃なのかも感じられません。

辛口な感想になってしまいましたが、傑作「わたしを離さないで」と比べるとしょうがないと思う。

 




スポンサーサイト
作家ラ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |

富士山に登ってきました

お久しぶりです。
これからは、もう少し更新頻度をあげていきたい・・・・

ブログをほっておいてすみません。
読書の方はゆっくりですが、読んでいます。ブログにアップしてないのも沢山あるのですが、おいおいのせていきますね。

もう一ヶ月前ですが富士山に登ってきました。
会社の友達と自分をいれて4人です。
夜の11時位に五合目についてそのまま登り始めした。
途中、トラック用の道と間違えて、戻ったりしました。
6合目を少し過ぎたところで日の出(写真)を迎えました。
その後が、道というより岩場で、手も使って登っていったのですが、疲れて大変!
八合目でカップラーメンを食べたのですが、持っていったお湯が覚めて、あまり美味しくありません。
残念ながら八合目で引き返してきたのですが、もし次の機会があれば頂上まで行きたいです!
帰りは砂ばかりで靴の中に入ってしまい、歩きづらかった。帰りの方が、足に来てヘトヘト。

家には翌、お昼位に帰ってきたのですが、お昼を食べて、お風呂に入って、途中、夕飯で起きた以外は翌日の朝までそのままグッスリとダウンしてました^^

世界遺産登録で外人さんが多いです。


富士山6合目付近から山中湖方面を望む
富士山6合目付近から山中湖方面を望む posted by (C)日向 永遠

雑記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。