輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う (英国パラソル奇譚)を読みました。


ゲイル・キャリガー
評価 ★★★★☆

英国パラソル奇譚 第1作目
吸血鬼や狼男が普通に生活しているロンドンでソウルレス(魂のないのも)アルクシアが活躍します。
男勝りの性格なのでかなり活動的。

恋愛もかなり活発で、ハーレクィン(読んだことないけど)読んでるの?と感じるほど過激。でも嫌じゃないです。

アレクシアがはぐれ吸血鬼を事故で殺してしまったところから話ははじまります。
組織されているはずの吸血鬼や人狼がなぜ公然の秘密であるアレクシアの事をしらず接触して(襲うために)来たのか。
異郷のロンドンの描写も良かったです。

kindle版と本の両方を買ったのですが、読んだのはkindle。

2作目が楽しみです!
スポンサーサイト
作家カ行 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。