輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

地震

昨日の地震のとき、家にいました。
娘が大学の卒業式で終わったら迎えに行くことになっていたのです。

今までにない揺れで自分の部屋では本が何冊かと模型用の長い材料(棒)を入れている缶が倒れ床に落ちました。

恐怖を感じました。
そして停電。すぐ復帰するのかなと安易に考えていたのですが全然もどりません。

けっちょく電気が戻ったのは朝方でした。
電気の消えた街は異様な状態でした。
いつも終日営業しているコンビニや灯りがひとつもありません。
空の星ばかり・・

電池式のラジオだけが情報のたよりでした
家族に携帯電話での通信もつながらず、夕方にやっと確認できた状態です。

電池
懐中電灯
ろうそく

ラジオ
非常食
常備薬

はいつも用意しておかなくてはと思った次第です。

東北の方は酷い災害になっています。
悲報を聞いていてあまりの痛ましさに背筋が寒くなりなす。
同情を禁じえません。頑張ってください・・

スポンサーサイト
未分類 | コメント:18 | トラックバック:0 |

川崎T-4ブルーインパルスを作りました

皆さん、こんばんは

これは以前 コクピットだけお見せした ブルーインパルスです。
ナウシカより前に完成していたのですがお披露目がおそくなりました・・


≪15%OFF≫【ハセガワ】 1/48 エアクラフトモデル PT16 川崎 T-4 “ブルーインパルス” (日本航空自衛隊 アクロバットチーム)

空自が誇るアクロバット飛行チーム ブルーインパルス。

純国産の機体なのも良いです。

塗装が下手ですね~


t4_1

t4_2
模型 | コメント:6 | トラックバック:0 |

「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」竹田 恒泰を読みました! 「本日の1冊(13748)」


【送料無料】日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか
著者 竹田 恒泰
PHP新書
評価 ★★★★☆

更新の間隔が空いてしまいました。
今年は更新数を多くしたいと思っているんですが・・

仕事の事もあるのですが、あれもやりたい、これも・・・なんて思っていると知らない間に自分に負担をかけているのかもしれません。

何処かに甘えがでて、小説の続きもおざなりになっているし・・・反省しきりです

読書もあまり進んでないんですが、この前読んだ竹田 恒泰さんの「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」です。

日本が特殊な国ではないかと、つねずね、感じている自分にとってこの本は賛同と勇気をあたえてくれるほんではないかと思います。

ところどころ、強引なとこがある気がします。けれど、その中心の主張は良いのではと思います。

 若い人に読んでほしいと思います。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
マンガ・アニメが席巻し、世界はいま空前の日本ブーム。しかし理由はそれだけではない。食文化、モノづくり、日本語、和の心、エコ-あらゆる日本文化に好意が寄せられている。それなのに自分の国を愛せなくなったのはあまりにも悲しい。なぜ『ミシュランガイド』は東京に最多の星を付けたのか?どうして「もったいない」が環境保全の合言葉に選ばれたのか?「クール・ジャパン」の源流を探ると、古代から綿々と伝わる日本文明の精神、そして天皇の存在が見えてくる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 世界でいちばん人気がある国「日本」/第1章 頂きます(いただきます)-『ミシュランガイド』が東京を絶賛する理由/第2章 匠(たくみ)-世界が愛する日本のモノづくり/第3章 勿体無い(もったいない)-日本語には原始日本から継承されてきた“和の心”が宿る/第4章 和み(なごみ)-実はすごい日本の一流外交/第5章 八百万(やおよろず)-大自然と調和する日本人/第6章 天皇(すめらぎ)-なぜ京都御所にはお堀がないのか/終章 ジャパン・ルネッサンス-日本文明復興/巻末対談 日本は生活そのものが「芸術」だ-天皇から派生する枝葉のなかに我が国の文化はすべてある!(北野武×竹田恒泰)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
竹田恒泰(タケダツネヤス)
昭和50年(1975)旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。専門は憲法学・史学。作家。慶應義塾大学法学研究科講師(憲法学)として「特殊憲法学(天皇と憲法)」を担当。平成18年(2006)に著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。平成20年(2008)に論文「天皇は本当に主権者から象徴に転落したのか?」で第2回「真の近現代史観」懸賞論文・最優秀藤誠志賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

作家タ行 | コメント:6 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。