輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「七胴落とし」神林長平を読みました! 「本日の1冊(13748)」


七胴落とし
著者 神林長平
早川文庫JA
評価 ★★★★★

まえまえから気になっていたのですが、やっと神林さんの「七胴落とし」を読む事ができました。

少年、少女の時にだけある精神感応力。人の考えを読みとる力。
三日月は19歳で誕生日がきて大人になり感応力をなくす事を恐れている。
人によって失う時期に多少の差はあるのだが、間違いなく何時か失う。

大人になんてなりたくない。
同級生の麻美たちと危険な精神ゲームを展開する事になる。
それは三日月が知らなかった”不良たち”の死ぬ事がある危険なゲーム。
精神的な快楽へと誘うが一歩間違えば相手を殺す事になる。

殺したのは自分なのか麻美なのか?

そして少年課の若林に逮捕される三日月。
必死に麻美を呼ぶが応答がない。

そして祖父の死で家に帰る事になるがそこで麻美との応答が回復し最後のゲームが始まる。
このシーンは迫力があって読んでいて不思議な感覚におそわれました。
まるで自分は立ち会っている様な。

思春期の悩み、子供、大人、世界の矛盾、期待、不安、恋愛、暴力、性 を描く傑作。

SFマインドで書かれているが、誰でもが読める作品だと思う。

桜庭一樹さんや辻村深月さんが好きな本にあげている本でもあります。


神林さんの他の作品も読もうと思います。



スポンサーサイト
作家カ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |

最近のはまりもの

みなさんこんばんは~★

いままで焼酎ってあまり好きではなかったのですが、たまたま、飲んでみたら、美味しかった。


不動の定番酎!農林水産大臣賞受賞のカワグル激売れ一本!!!すだち酎 20度 720ml【最安値に挑戦!!】

それで嵌って?ます。

今はお湯割りですね。

なかなか美味しいです。

*******************************
今年も余すところ一週間弱。
早いものです。

今年はブログのお友達に助けられました。ありがとうございます。

小説のチャレンジがもう一つだったのですが、まだあきらめてはいません。
これからです。頑張ります。

それとブログの更新が少なかった一年ですが、来年はもう少し増やしたいな~

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

「今年の読書のまとめ」 「お勧めの本(45902)」

皆さん、こんにちは~★

クリスマスもあんまり、関係ない年齢になってしまいまいましたが、今年も1年間のまとめだけはしないといけませんね^^


今年は(も)あんまり読めなかったのですが、これが普通のペースかもしれまません。
だけど、素敵なシリーズに出会った年でした。

いつもの様に国内、海外 に分けてみます。

いつもの様に一人一作基準で選びました。

それでは 国内編から

<2010年、国内編ベスト>

1:バレエ・メカニック 津原泰水
2:旅のラゴス    筒井康隆
3:アイの物語    山本弘
4:華竜の宮     上田早夕里
5:子供たちは夜と遊ぶ 辻村深月
6:ライオン・ハート  恩田陸
7:悪の教典      貴志祐介
8:グイン・サーガから豹頭の仮面、紅蓮の島 栗本薫
9:七胴落とし     神林長平
10:神狩り(2)リッパー 山田正紀
10:十七歳の湯夫人    勝山海百合
10:天冥の標 2,3     小川一水
10:メタルギアソリッド ガンズ オブ パトリオット 伊藤計劃


1位には 津原さんのバレエ・メカニックを選びました。とにかく凄いイマジネーションで圧倒されます。正直、訳わからい部分も沢山あったのですが、とにかくまた読みたい度は抜群です。

神林さんはずっと気になってた作家さんです。ブログにはまだ感想書いてはいませんが、とにかく凄いです。青春期の不安定さといちずな気持ちが精神感応力をとおして描かれます。
他の作品も読む事決定。
そしてグインを読み始めた年になりました。まだ10巻そこそこしか読んでいませんが圧倒的な面白さ。悪役さえ魅力的。

<2010年、海外編ベスト>

1:七王国の玉座,王狼たちの戦旗 ジョージ・R・R・マーティン
2:ふたりジャネット   テリー・ビッスン
3:[ウジョット]と[ワジェット]とボフ 不思議のひと触れ シオドア・スタージョン
4:風の影 カルロス・ルイス・サフォン
5:13番目の物語 セッターフィールド
6:しあわせの理由 グレッグ・イーガン
7:ソフィー  ガイ・バード
8:心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿
9:ラヴクラフト全集2 ラヴクラフト
10:パニックの手 ジョナサン・キャロル
10:夜更けのエントロピー ダン・シモンズ
10:大いなる遺産 ディケンズ
10:秘密の花園 バーネット


海外翻訳ものは沢山読みました!氷と炎の歌だけでも10冊以上^^
凄いシリーズです。物語自体が主人公ですね。スターク家、だれでもいい一人だけでも幸福になれればいいなと願わずにはいられません。

今年読んだ 奇想コレクション、ハズレなし、特にスタージョンとお初のビッスン。凄すぎ。
もう、読んでみてくださいとしか言えないです。面白いですよ!

<小説以外>
1:嘘つきアーニャの真っ赤な真実 米原万里
2:ジパングの岸辺       井上直久
3:醜の歴史          ウンベルト・エーコ
4:お好みの本、入荷しました 桜庭一樹

嘘つきアーニャは へたな推理小説よりずっと、ずっと面白いです。読むべし(笑)


こうしてみると段々作家さんが固定化していくような気がしてきました!
全ての本にリンクを貼りたかったのですが面倒・・・

また来年も面白い本に出会えますように・・・・



【送料無料】バレエ・メカニック

七王国の玉座(1)

嘘つきアーニャの真っ赤な真実

未分類 | コメント:14 | トラックバック:0 |

「夜のピクニック」恩田陸を読みました! 「本日の1冊(13748)」


夜のピクニック
著者 恩田陸
新潮文庫
評価 ★★★★★

あまりに有名すぎて、読んでいませんでした。
読んでみて、その爽やかな感動に読まれる理由が分かりました。
(でも、理瀬シリーズの方が好き)

読んでいる間、一緒に歩いている様な高揚感がありました。そして色々な出来事に一喜一憂してました。

 貴子と融の関係は、もう少し幅を広げればいたるところにあります。ちょっとした事で疎遠になってしまう人間関係。あんなに仲良かったのに、犬猿の仲になったりする事。

 日常にもこんな奇蹟がおきたら素敵だろな。

出てくる皆が、素敵でした。特に貴子を取り巻く友達たち。

 でもこの後一週間は筋肉痛だっただろうな~とそんな事が心配になったりします^^

恩田さん、色々なジャンルを書けて改めて凄いと思います。

恩田作品のベストを選びたくなりますね。

ベストといえば、今年のベスト本、この週末にもアップする予定です。
皆さんのベストも楽しみです。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために―。学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
恩田陸(オンダリク)
1964(昭和39)年、宮城県生れ。早稲田大学卒。’92(平成4)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞を、’06年『ユージニア』で日本推理作家協会賞をそれぞれ受賞した。ホラー、SF、ミステリーなど、さまざまなタイプの小説で才能を発揮している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

作家ア行 | コメント:6 | トラックバック:0 |

無題

本に潰される夢を見ました。

何冊もの単行本が(何故文庫じゃないのか不思議)が顔に降ってきました。

眼が覚めめてホッとしました。

いくら本が好きでもそれが肉体に苦痛を及ぼす場面を見ると恐いです。


ベットの頭の部分にある積読本を少し低くする事にします。


未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

「ふたりジャネット」テリー・ビッスンを読みました! 「本日の1冊(13748)」


ふたりジャネット
著者 テリー・ビッスン 中村融編訳
河出書房新社 奇想コレクション
評価 ★★★★★++

この本を読み時は周りに人がいないか注意してください。ましてや図書館見たいな静かなところで読むのは厳禁ですよ~^^

何故なら突然、吹き出したりげらげら、笑いだしたら恥ずかしいでしょ?

もう最高に楽しい一冊でした。奇想コレクションの最新刊で同じ著者の「平ら山を越えて」を購入したのですが、その前にこちらを読まなければと読んだのですが最初の

「熊が火を発見する」からしてもう、こんなのあり?ありえない話で笑ってしまう。もう題名通りの話。熊が火の扱いが出来るようになって、冬眠しなくなる。冬の道でパンクしたタイヤを交換ししていると、懐中電灯が消えそうになる。すると火をかざした熊が照らしてくれる。いいな~。この話。面白くそしてちょとほろ苦い。

次の短い「アンを押してください」題からはなんのことかさっぱり。実はATMの表示。これに押す表示画面に雨とかでてきて、それを押すととたんに外は雨。でアン・・・恋愛なのはわかるでしょ??? これ書店でみたら立ち読みしてみてください。絶対面白いですから。そしてレジへ・・・?

「未来からきたふたり組」将来かかれる絵を未来から買いに来た人物が・・・

「英国航行中」大英帝国がなぜか動き出す話。アメリカの近くまで行ってしまいます。昔、確か日本列島が動き出す話を読んだ気がするのですがイギリスでも同じ様な事を考える人いるんだな~と思った次第。これも面白かった。

「ふたりジャネット」これは故郷に大作家たちが次々と越してくる話。スーパーでサリンジャーが買い物していたりします。

「冥界飛行士」これはブラックな話です。あの世の絵を描くために仮死状態にダイブする盲目の画家。あの世の描写に惹かれます。この話も大好きです。

「穴のなかの穴」「宇宙のはずれ」「時間どおりに教会へ」
この三作は万能中国人ウィルスン・ウーの話。誰でも皆、ウィルスン・ウー見たいな友達を持つべきなんだ。彼が友達になればどんな問題でもヘンテコな数式で解いてしまう。古い車の部品を探しに中古やにいくとその先に何故か月面探検車が、それはアポロが月に置いてきたはずの・・・・この3作も傑作ですよ!!


大好きな奇想コレクションの中でも1、2を争う面白さです。これから奇想コレクションを読みたいと思っている人はこれが1番目に読めばいいですよ~絶対面白くて凄く楽しいから・・



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本邦初のテリー・ビッスン短篇集。サリンジャー、ピンチョンら有名作家たちが続々と田舎町に引っ越してきた?英国が船みたいに動きはじめた?万能中国人がヘンテコなす牛木で事件を解決?そんなばかな話ってある?屈指の技巧派にして短篇の名手ビッスンが描く物語は、まさに現代の“ほら話”。ヒューゴー賞ほかアメリカ棋界の賞を総なめにして、一躍その名をとどろかせた名作ファンタジー「熊が火を発見する」をはじめ、ショートショート「アンを押してください」、ロマンティック・コメディ「未来からきたふたり組」、盲目の画家が死後の世界で見たものは…「冥界飛行士」、“万能中国人ウィルスン・ウー”3部作「穴のなかの穴」「宇宙のはずれ」「時間どおりに教会へ」など、全9篇を収録。ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞、デイヴィス読者賞、スタージョン記念賞受賞。

【目次】(「BOOK」データベースより)
熊が火を発見する/アンを押してください/未来からきたふたり組/英国航海中/ふたりジャネット/冥界飛行士/穴のなかの穴/宇宙のはずれ/時間どおりに教会へ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ビッスン,テリー(Bisson,Terry)
1942年、米国ケンタッキー州生まれ。アメリカSF界屈指の技巧派で、短編の名手。奇想とユーモアとペーソスに満ちた作品は、まさに現代の“ほら話”。90年、「熊が火を発見する」を発表、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞を受賞し、一躍その名を高める

中村融(ナカムラトオル)
1960年生まれ。中央大学法学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

作家ハ行 | コメント:10 | トラックバック:1 |

掌編「目覚め」日向永遠

「目覚め」日向永遠


粒子は粒であると同時に波である。すべての物質は波からできている。(ある科学者の言葉より)

*********
 いったいなんの集まりなのだろう。その中の一人になっているのにそれが解らない。四方八方から人々があつまってくる。千人は越えている様に見える。

********

 朝、食卓についているときだった。はじめは解らなかった。
「雪、何ぼんやりしてるのよ」母の声が聞こえた様におもえハッとした。
「学校に遅れるわよ」言われる事は母が声を出す前に解った。私は慌てて鞄をつかみ玄関に向かった。その時、なにか釈然としないものがよぎった様に思った。

 教室へ滑り込むように入った。慌てて席につく。隣の席の良太君は風邪をひいて休みだった。反対側の孝枝が教えてくれた。また違和感がはしる。この感覚は何のだろうか。
 「先生がすぐくるよ」私の言葉に孝枝が席に着いた。孝枝が不思議そうに自分を見た。と同時にいかつい顔をした山田先生が教室に入ってきた。

 山田先生は私を見た。そしてみんなを見た。
「みんないるな」それは問いではなく断定ように聞こえた。そうなのだ。みんないるのだった。その時、教室は学校に。学校は町に。町は国に。国は地球に繋がった様に感じた。これが違和感の根源なのだと悟った。

 授業が始まった。いつもと違う。教科書の内容がいつもよりすんなりと頭にはいってくるのだった。そして現代国語の授業の時、それは起こった。なんと、物語の中の登場人物が目の前に現れたのだった。自分だけだろうか?周りを見ると気がついた。数人が自分の方に目を向けているのを。

 物語の中で人が傷つく。すると自分のどこかが傷つく。それが生々しく感じられる。と同時に、どこかで違うところで新しい生命が生まれているのも知る。

 学校が終わり、家に帰った。猫のミアが私の方に向かってくる。いつもよりひとまわり大きくみえた。ミャアとないた。自分もニャアと鳴いた。ミアはすました風に外にでていった。今頃気がついたのかとでも言う様に。

 父の母が目の前でご飯を食べている。何かがいつもとちがうのだがうまく言えない。母の食べている焼き魚の味が自分にもわかった。

 食事がおわると父と母は黙って、外に向かった。私もあとに続いた。
 玄関をでると、多くの人たちが海の方に向かって歩いていた。驚いた事に猫や犬。ネズミや小さな虫たちも海の方に向かっているのだった。

 不思議な光景の筈なのに不思議に思えない。何故なのだろう。今日はいったい何の日なのだろう。不安は無かった。どちらかと言えば期待の方が大きかった。

 砂浜に近づくにつれて、人はどんどん増えた。犬や猫もこんなにこの町にいたのだろうかと思えるほど沢山いる。ほとんど、密着している猫もいる。

 浜辺に着いた。

 空き地がないほどの人。犬、猫、あらゆる生き物がいた。どのくらいの時間がたったのだろうか。

 月が輝いていた。満天の星が瞬いている。星は自分の中にもあった。周りの人々、犬、猫が輝きだした。人々は服を脱ぎ始めた。子供も大人も、男も女も、そこには区別はなかった。老いも若きもみな美しかった。自分も服を脱いだ。それがすごく自然な事に思えた。ああ、自分もかがやいているんだなと思えた。
 
 月が自分の一部になる。自分が月の一部になる。すべての人たちと犬たちと猫たちと自分が繋がっているのが解った。

 波打ち際にいた人々が海の中に入っていった。恍惚とした表情。まるで神々を見ているようだった。

 ******
 
翌日、自分のベットの中で目がさめた。全裸だった。
世界がかわった様に思えた。ミアがおはようと声をかけてきたのがわかった。

 学校に向かう。教室にはいると机の数が昨日より少なくなっていた。半数近くの生徒が消えていた。そういえば、家は、自分とミアだけだった。母と父がいなくなっていたのに突然気が着いた。だけど何故か寂しさがない。

 昨日、あれだけの人々が海に消えたのに、浜辺には一体の死体もなかった。犬も猫の死体もない。虫さえなかったのだった。

 波の表情がいつもより豊かになっていた。

私があそこにいるとおもった。

(おわり)

******************************************************************

良く解らない話です。

自分の表現したいことの半分もあらわせませんでした。

感想も書きづらい話かもしれませんがよかったら教えてくださいね。
掌編 | コメント:10 | トラックバック:0 |

模型のこと

皆さんこんにちは~★
早いものでもう今年も20日程になってしまいまいました。
反省の多い一年でしたがなんとか終わりそう・・・
自分の不甲斐なさを自覚した一年でした・・来年の弾みになるようにしたいです

最近は読書が遅々として進まないので模型の事を書きますね。

本当は創作小説を載せたいのですが行き詰っています・・・ごめんなさい。
調子がでてくるまでもう少しだとおもうのですが・・・

こちらは模型をつくる作業机(自作)です。右上にうつっているのは自作の塗装ブースです。
ファンで強制排気出来る様にしました。
模型の作成中は工具や塗料でごちゃごちゃになります。
作業台

最近完成した1/72 P-51 マスタング(タミヤ模型)です。
レシプロ(推力がプロペラのこと)戦闘機では最速の部類です。
あまり丁寧な工作ではありません。でも楽しかったです。
P51マスタング

こちらは今作成中の 1/48ブルーインパルス 川崎T-4 (長谷川模型)のコクピット部
少しだけ手を入れました。後ろにみえるのは機体です。
ブルーインパルスのコクピット部


自分へのクリスマスプレゼント??ナウシカとラピュタの模型。
最近、再販されたらしくてネットで見つけて思わず購入してしまいました。今作っているT-4が完成したら次に作ろうかと思います。
最近買った模型

模型 | コメント:8 | トラックバック:0 |

「剣嵐の大地(1)」ジョージ・R・R・マーティンを読みました! 「本日の1冊(13748)」


剣嵐の大地(1)
著者 ジョージ・R・R・マーティン
早川書房
評価 ★★★★☆
今年の後半は、こればっかりな気がしますが氷と炎の歌3の剣嵐の大地(1)を読みました。
今回は単行本全3冊のうちの1冊目。
本当は続けて読みたいんです。ですが、一冊3000円で一気に買えません(泣)
月一冊づつでもと思って読み始めました。なので感想も一巻づつです^^

スターク家のアリア、サンサ、ジョン、そしてこの巻ではロブとケイトリンにさらなる過酷な運命が襲います。

北の若き狼 ロブの行く末に暗雲が立ち込めてます。
こんかい、娘の為にケイトリンがとった行動がスターク家の家臣に罅をいれ、またロブが愛の為にとった行動がそれに追い打ちをかけます。王は自分のためより家の為に尽くさなければだめだろう・・・・
一方ジョンは壁の北側の自由人に囚われてます。ジョンは果たしてスターク家の為にまた戦える日々が訪れるのだろうか。
 アリア、サンサはそれぞれ自分の思いとは、ちがう方向に流され始めていいて、ウインター・フィルは、ますます遠くなっている気がする。
 唯一、ちゃくちゃくと成果をあげている(様にみえる)のは古王ターガリエン家のデナーリス。彼女が七王国に覇をとなえる日が近づいている様に見えます。

 2巻も買わねば・・・・


内容情報】(「BOOK」データベースより)
七王国の鉄の玉座を賭けた王都キングズランディングの決戦の夜。湾を埋めつくした大船団は緑色の燐火に呑まれ、巨大な鎖に捕らわれて次々と沈没し壊滅した。一夜明けて、民衆は都の無事を喜び、少年王ジョフリーの統治を歓迎する。南部の大家ティレル家との婚姻による同盟も決まり、ラニスター家の勢力は隆盛を極めた。一方、敵対するスターク家には、かつてなく苛酷な運命が舞い下りていた。“北の王”として蜂起したロブは、戦で連勝するも若さゆえに政治的失敗を繰り返す。その母ケイトリンは、二人の幼い息子が鉄諸島人に処刑されたと知り、さらに消息のない娘たちを案じて、ラニスター家の捕虜ジェイムの独房に赴き、決意の剣をとる…。秘されていた愛憎や欲望が露わになり、さらなる意外な邂逅と運命の狂涛が描きだされる―世界21カ国で愛され、ローカス賞を連続受賞した、至高の異世界戦史シリーズ第三部、開幕。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
マーティン,ジョージ・R.R.(Martin,George R.R.)
1948年、アメリカ。ニュージャージー州ベイヨーン生まれ。幼少年期からコミックスとSFを愛読し、71年、短篇「ヒーロー」でSF界デビュー。「ライアへの賛歌」(74年)、「龍と十字架の道」(79年)等の短篇でヒューゴー賞を受賞、さらに「サンドキングズ」(79年)ではヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞を受賞し、SF作家として確固たる地位を築く。シリーズ『氷と炎の歌』でファンタジイに本格的に乗り出し、『剣嵐の大地』A Storm of Swordsまでの三作はいずれもローカス賞ファンタジイ長篇部門を受賞、アメリカをはじめ世界中でベストセラーとなっている

岡部宏之(オカベヒロユキ)
1931年生、1953年静岡大学文理学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

作家マ行 | コメント:6 | トラックバック:0 |

雑誌「本の雑誌330号」を読みました!


【送料無料】本の雑誌(第36巻12号(2010 12)

定期購読している本の雑誌、12月号の特集は活字で自活!
拾い物の神様  下向き生活バンザイ は面白かった。

思わぬ拾い物や貰いものは嬉しいですね。古本もくれるといったら嫌がらないでみにいきましょう。但し相手を良く見てね。普段からどんな本を読んでいるかで持っている本も想像できますから・・・

 このての話に良く出てくるのは、サンリオSF文庫!ですね。自分が学生の頃創刊され1987年には廃刊。そのての趣味の人の垂涎のまととなっております。自分も一冊くらいはもっている筈なんですが・・・どこいったのだろう。創刊時、もっと買えばよかったな~。
でもいかんせん、貧乏学生だったのです。辞書も買えなかった・・・


月間雑誌の上では12月、1月ですね。
そろそろ、一年の総括を考えないと・・・・
雑誌 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。