輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「少年たちの挽歌 第1回」日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」

ちょっとお久しぶりです。

最近、多忙なうえに暑かったり、とおもったら寒かったりと寒暖の差が激しくて風邪気味で体調を崩しております。早めに風邪薬をのんだのですが、本調子ではありません。

機械蜘蛛もハカリの物語も頭の中では進行(少しですが)しているのですが中々進めません。

そこで、昔書いた長めの作品を披露する事にいたします。20頃の作品です。

今読んでみると、なんか青くて恥ずかしいです。完結しているのでお待たせしないで続けますので気が向いたら読んでくださいね。

***********************************************************************

少年たちの挽歌 第1回

1・少年の日々

 髪の毛は肩まで伸びていて、真ん中から分けて、額は三角に見える。細い眉。少し大きめな瞳。形の良い鼻。そして白い肌。一時間目の現代国語の時だった。
「ねえ、河野君。消しゴム貸してくれる?」山本陽子が、大きめの目を細めながら言った。
「え、消しゴム?ああ、良いよ」河野治郎は慌て気味に言った。今まで陽子の方を横目で盗み見る様していたからだった。
 陽子は何処にでもいる女生徒だった。だた気が人一倍、強い。そして何を考えているのか良く解らない所があった。治郎はそんな陽子に好感を持っていた。儚い恋心。陽子の方は自分の事をなんとも想っていない事を知っていたが。
 彼は机の上の消しゴムに手を伸ばした。その時、陽子の手も消しゴムを取ろうとした。陽子の手が治郎の手に重なった。治郎は顔を赤くして手を引こうとした。治郎の心臓が早鐘を打つ。陽子はと見ると平気な顔をして、借りた消しゴムで字を消している。治郎はこんな自分を酷く駄目な人間に思えて目を伏せた。
「はい。ありがとう」と言いながら陽子は消しゴムを返した。
「ねえ、河野君。放課後、図書室で待っててくれない?ちょっと話があるんだけど、いい?」
「うん」治郎は頷いた。それは思ってもみない言葉だったので彼は反射的に返事してしまったのだった。何故って聞こうと思ったけれど、出来なかった。彼はその言葉が嬉しくもあり、不思議だった。治郎はそれからの授業に身が入らなかった。
 色々考えてみた。ひょっとしたら彼女も俺の事を好きなんじゃないか、なんて思ってはみたけれど、そんな事ないと打ち消した。結局、思い当たる事はなかった。
 授業が終わり、陽子は教科書やノートを鞄の中に仕舞い始めた。治郎はその時陽子の鞄の中に鍵がかかる様に出来ている白く厚いノートを見た。日記だなと治郎は気がついた。
陽子が出て行って暫くしてから治郎は図書館に向かった。
 陽子は既に図書館にいた。まだ二人の他に誰もいない。陽子は暫く黙っていたけれど、やがて意を決した様に話し出した。
「お節介だと思うけど・・・河野君、たばこ吸っているでしょ?」治郎はドキッとした。事実だった。
「不良グループと付き合ってるでしょ?」
「ああ」治郎はガッカリするとともに急に腹立たしくなってきた。そんな事陽子に言われる筋合いはない。それに不良グループと言ったって周りのみんながそう言うだけで、本人たちはそう思っていない。酒をんだり、煙草をすったりしながら話をしているだけじゃないか。その何処が悪いんだ。そりゃ中にはナイフを隠し持ったりしてる奴もいる。でもそれを使ったりしない。粋がっているだけで根はいいやつらだと思っている。治郎は気が弱かったが、そんな連中と付き合うのは好きだった。
「止めた方が良いわ。あんな人達と付き合うの。河野君。あなたはあんな人達と違うわ。そうでしょ?絶対止めるべきよ」
 本当に大きなお世話だと思った。そして陽子にそんな風に思われていたと思うとがっかりした。彼は立ち上がると大股で図書室を後にした。しかし直ぐに図書室から出てきた事を後悔した。もう少し彼女と話していたかったなと思った。彼女の話の内容は不快だったけれど、彼女自体は不快じゃない。考えてみれば、俺の事を思ってあんな事を言ったんじゃないのかとも思った。俺は陽子の事が好きだ。彼は改めて思った。そして声に出して呟いた。
 治郎はその足で皆がグループと呼んでいる仲間がたむろしているジャズ喫茶(コルトレーン)に向かった。途中で上着を赤いジャケットに着替える。鞄は学校に置きっぱなし。
高校から15分程の所にコルトレーンはあった。コルトレーンはジャズ喫茶とは名ばかりの店で勿論、生演奏なんてなくて、かけるレコードもジャズばかりではなくポピュラーやロック、それに歌謡曲だった。
 治郎が店に入った時はピンク・フロイドの「狂気」がかかっていた。
「よう、治郎。こっち」洋一が声をかける方を見ると煙草の煙の中、洋一と純子、それに浩次がいた。三人とも指の間に煙草を挟んでいる。純子の爪はピンクに塗られている。
「何にする?」と純子。
「ブラック」
「どうした?浮かない顔して、何かあったのか?」浩次は煙草の煙で輪を作りながら言った。
「まあな」治郎は曖昧に答えながら席に着いた。
「向こうにいるのT高の奴らじゃないか?」治郎は洋一に小さな声で聞いた。
「ああ、あいつら、凄いワルらしい」洋一は小声で答えた。
「この前あった傷害事件、捕まっていないけど奴ららしい」
 治郎は暫く無言でコーヒーを飲んでいた。酷く苦く感じられた。「狂気」が唐突に大きく感じられた時、治郎は思い切って言った。
「俺、好きな子がいるんだ」
「へえ、だあれ」と純子がすかさず聞く。
「陽子」
「陽子?ああ、山本陽子ね」純子は考え込む様にしながら言った。
「あたし、あの子、好きじゃないわ」
「どうして?」
「だって、あの子、世界は私を中心に回ってるって感じで、いかにも自分は美人で秀才でございますって感じなんだもの。あたし、厭だわ」
「そうかな。そう思うかな?俺にはそうは、見えないけど」
 治郎たちが店を後にしたのはあたりがすっかり暗くなってからだった。

 次に日、学校で陽子が話かけてきた。
「ねえ、河野君、あれから何処行ったの?」
「何処だっていいだろう」
「そりょあ、そうだけど。私、昨日、ちょっと言い過ぎたかなと思って。ごめん」
「昨日の事は、もう良いんだ」治郎の心に今朝まであった、しこりの様な物がすっと無くなるのを感じた。
「俺も急に図書室から出て行ったりして悪かった」
それから陽子は周りの女生徒に話かけられ治郎との会話は打ち切られて形になった。
 治郎は嬉しかった。昨日の事でもう話してくれないのじゃないかと思っていたからだ。
 そんな二人の間を急速に接近させる事件が起きたのはそれから三日たった夕方だった。

(つづく)


スポンサーサイト
創作 | コメント:6 | トラックバック:0 |

「高慢と偏見とゾンビ」ジェイン・オースティン&セス・グレアム=スミスを読みました!


高慢と偏見とゾンビ
著者 ジェイン・オースティン&セス・グレアム=スミス 安原和美(訳)
二見文庫
評価 ★★★★☆

海外小説に詳しい人なら知っている オースティンの高慢と偏見(自負と偏見)に無理やりゾンビを組み合わせた、驚きの小説。8割は原典の文章そのままとの事です。

この本の中でエリザベスはなんと少林寺拳法の達人で戦士。
次々とゾンビの首を刎ねていきます。ベネット家の姉妹に比べたら男達のなんとも軟弱?な事。

ゾンビと恋愛と友情と色々な要素が混ざり合ってます。

エリザベスと高名な女性老戦士と対面するときニンジャと対決するのですがそのニンジャの弱い事。(エリザベスが強い!!)簡単に殺されてしまいます。


ゾンビ小説好きは読んだ方がいいかも・・・・!
但しグロいとこ満載?!

原典も読みたいと思いました。



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
18世紀末イギリス。謎の疫病が蔓延し、死者は生ける屍となって人々を襲っていた。田舎町ロングボーンに暮らすベネット家の五人姉妹は少林拳の手ほどきを受け、りっぱな戦士となるべく日々修行に余念がない。そんなある日、近所に資産家のビングリーが越してきて、その友人ダーシーが訪問してくる。姉妹きっての優秀な戦士である次女エリザベスは、ダーシーの高慢な態度にはじめ憤概していたものの…。全米で誰も予想だにしない100万部を売上げた超話題作、ついに日本上陸。


作家ア行 | コメント:10 | トラックバック:0 |

もうひとつの・・・・・

皆さんこんにちは

自分には読書、小説の創作を中心に色々趣味があります。

最近、植物や昆虫にも興味があり、一眼デジカメが欲しいなんて思ったりします。
虫や野草の図鑑や関連の書籍を少しずつ、買っています。

今日、取り上げるのはここ数年、作っていない模型の話です。

本の積読が山の様にあるのですが、模型(プラモデル)も積んでいます


これがつんどく模型・・の一部???
つんどくモデル
飛行機模型が中心でたまにSF関連のかっこいいと思うロボットみたいのも買います。

ちなみに完成品の中で気にいっている作品

メッサー

もっと見たいとリクエストがあればまたご紹介しますよ~


こちらはもう4~5年作成中のままの鳥
(アオガラ 日本にはいません、メーテルリンクの青い鳥のモデルとも・・)の模型

作成中とり

最近また作りたくなって塗装前のやすりがけやパテもりをしました!!!
完成したら(?か月後)ブログに書きますね!


皆さんは読書の他にどんな趣味をお持ちですか?
本以外にもつんどくしているものがありますか?
よかったら教えてくださいね・・・・
へんなものコレクション | コメント:18 | トラックバック:0 |

「少女七竈と七人の可愛そうな大人」桜庭一樹を読みました 「本日の1冊(13748)」


著者 桜庭一樹
角川書店
評価 ★★★★☆

桜庭一樹さんを読みました。

美しく生まれてしまった七竈とその母は、ファミリーポートレイトのマコとコマコを想起させる。

七竈の喋りは読んでいて、花物語を思い出させる。

雪風との恋、それは似たものどうしが理解しあえるという事。
世間から一歩も二歩も距離を置く二人を理解する事は、転じて世界を見ることになるのかもしれない。


【内容情報】
鉄道を愛し、孤高に生きる七竈。淫乱な母は、すぐに新しい恋におちて旅に出る。親友の雪風との静かで完成された世界。だが可愛そうな大人たちの騒ぎはだんだんと七竈を巻き込んで――。


わたし、川村七竈十七歳はたいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった。――男たちなど滅びてしまえ。吹け、滅びの風。
「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」の気鋭、桜庭一樹が描き出す、最高の恋愛小説。

半身を奪われるような別れ、あきらめていた人への想い、痛みをやさしさが包み込む。
母がいんらんだと娘は美しく生まれるものだとばがげた仮説を唱えたのは親友の雪風だが、しかし遺憾ながらそれは当たらずとも遠からずなのである。わたしは母のいんらんのせいで非常に肩身のせまい少女時代を余儀なくされている。男たちはわたしの顔を、からだをじろじろと眺めまわす。母から継がれたなにかがしらず流れだしているのを感じて、わたしは身をすくめる。おとなの男たちからじろじろ眺めまわされるたびにわたしは怒りをかんじる。母に。世界に。男たちなど滅びてしまえ。吹け、滅びの風。

作家サ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |

「メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット」伊藤計劃を読みました! 「本日の1冊(13748)」


メタルギアソリッド
著者 伊藤計劃
角川文庫
評価 ★★★★★

伊藤計劃氏がノベライズしたメタルギア ソリッド。
ゲーマーではないのですが名前は知っていました。
伝説の戦士のクローンとして生まれたスネーク。
虐殺器官 にもつながる、ナノマシンで苦痛や感情を制御された戦場で、宿命の兄弟を葬るために、戦う。

人に比べはるかに不死に近い、人体改造されたヴァンプや雷電のある種、死への憧れは何なのだろう。生きる(戦う)この意味は死を前提にしたものだろうか?

ゲームを知っていればもっと楽しめたのかもしれません。でも知らなくても面白かったです。

伊藤計劃さんの長編はこれで全て読みました。あまりに少ない。もっと読みたいです。

早川書房から単行本 伊藤計劃記録 が出ているので読もうと思います。




【内容情報】(「BOOK」データベースより)
暗号名ソリッド・スネーク。悪魔の核兵器「メタルギア」を幾度となく破壊し、世界を破滅から救ってきた伝説の男の肉体は急速な老化に蝕まれていた。戦争もまた、ナノマシンとネットワークで管理・制御され、利潤追求の経済行為に変化した。中東、南米、東欧─見知らぬ戦場に老いたスネークは赴く。「全世界的な戦争状況」の実現という悪夢に囚われた宿命の兄弟リキッド・スネークを葬るため、そして自らの呪われた血を断つために。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
伊藤計劃(イトウケイカク)
1974年、東京生まれ。武蔵野美術大学卒。2007年『虐殺器官』(早川書房)でデビュー。同作品は『SFが読みたい!』(早川書房)の「ベストSF2007」「ゼロ年代SFベスト30」の第1位となる。2008年、オリジナル長編第2作『ハーモニー』(早川書房)により第30回日本SF大賞、第40回星雲賞日本長編部門を受賞したほか、「ベストSF2009」の1位にも輝く。2009年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

作家ア行 | コメント:6 | トラックバック:0 |

ちょっと嬉しかった事。

普段、散歩とかしないのですが、昨日時間があったので20分程散歩したのです。

実家からちょっとした広場を通りました。春の野の花々が色々咲いています。

ハルジオン(ヒメジオン?)やタンポポ、白や黄色、薄紫の名も知れない可憐な花をながめて歩くのもいいですね。今、バーネットの「秘密の花園」を半分ほど読んでいるのですが、メアリーの様に良い空気を吸わないと体にも良くないなと実感しました。野花や虫の名前をもっと知りたいなと思いながら歩きました。ちょっと風が冷たかったのですが直ぐに体が暖まって気にならなくなりました。

近くの高校の校庭を通りました。そこでは野球部の生徒たちが部活動をしていました。
私はそのグランドの細い道をあるいていました。

そうしたら突然
「こんにちは~」と声をかけられました。一人ではありません。
練習を少し止めて一瞬ですがちゃんとこちらを向いて声をかけられたのです。
突然の事でちょっと恥ずかしかったのですが、私も小さな声でしたが「こんにちは」と返事しました。きっとそのように指導されているのでしょうが、嬉しくなりました。

散歩もいいな、今の高校生も良い子がいるんだなと思って少し嬉しくなりました。



私的コラム | コメント:8 | トラックバック:0 |

「機械蜘蛛の塔 第5回」 日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」

こんにちは★

やっと5回目です。ながらくお待たせしてしまってごめんなさい。

いままでの回はタグで飛んで読んでいただければと思います(*^^)v

今回でだいぶ話が進んだような気がします。

次回はハカリの物語の続きを書こうかとおもっているのですがこの続きになるかも・・・
(同時に書いているなって、なんか無謀・・・)

************************************



機械蜘蛛の塔 第5回

 機械蜘蛛のモニカ、キエフの街の幼い姉弟、ネルとチハルは魔女を求めて巣の上を移動中だった。モニカは魔女の探索がきまった瞬間に全機械蜘蛛に発信した。魔女と呼ばれている家の機械蜘蛛の担当はいない事が分かった。

 モニカはキカと通信した。
「長。この街の家に機械蜘蛛の担当の付いていない家があるのですか?」
「モニカ、その事にはこの街の成り立ちに関係する重大な秘密が含まれている。機械蜘蛛の担当がいない家とは先住民、すなわち、姫の一族と関係が深い家なのだ。このことを知る人間はごく一部。機械蜘蛛の中でも私だけが眠りにつく前の姫から教えていただいた事」
「すると、探している魔女は姫と関係のある方なのですか」
「そうだと思う。しかし、詳しい事は私も知らないのだ。それはむやみに追求してはいけないことなのだ。禁忌なのだよ」
 モニカはその事がキエフの街の秘密に繋がることなのだと直感した。
「ねえ、モニカ。魔女の居る場所は分かりそうなの?」その時、モニカの背中にのったチハルが聞いた。もう数時間も背中に載ったままなのだ。同じ姿勢でいたためネルもチハルも足や腕が筋肉痛で悲鳴を上げ始めていたのだった。

「まだ、分からないのだ」モニカは幼い姉弟が疲れている事にやっと気が付いた。
「少し休もう」そう言うとモニカはキエフの街の上空を覆う蜘蛛の巣から地上に降りた。なにかの細工かモニカの体が透明化して見えなくなった。
 そこはネルたちの家から機械蜘蛛の塔を挟んで反対側にある小さな公園だった。
 ネルは腰に結びつけてあった革袋から、干し肉をとりだすとチハルと分け食べ始めた。公園には水道があり、それでのどの渇きを潤した。

「モニカ、もう行こう」ネルが言う。
「まだそんなに休んでいないが大丈夫か?」透明になっているモニカが聞く。
「早く、魔女を見つけて、お姫様を目覚めさしてほしいんだ。お爺さんが心配で・・」
ネルが言うとそばでチハルも頷いた。

 その時、七本足の土蜘蛛は古代生物のアジトに戻ってきていた。アジトはキエフの街の地下深く縦横無尽に走る地下道を迷路の様に進んだ更に深くにあった。その広さはキエフの街の半分はあろうかという広さだった。その一角に豪華な造りの館があった。土壁は極彩色に色とざれている。奥まった場所に玉座があり、そこに年齢不詳の老女が座っていた。
 銀色に輝く長い髪が左右に流れていた。鋭い眼光が七本足に加えられたネルの祖父に注がれている。老女の左右には奇怪な姿をした古代生物たちが鎮座していた。巨大ミミズ。百足の様な無数の脚をもつ生き物。ハサミムシの様なものもいる。とても知性をもっているとは一見、思われないが彼らは高度な組織をこの老女を中心に築き上げているのだった。

 七本足は咥えていた老人を乱暴に離した。銀髪の老女は七本足にねぎらいの言葉をかけそして連れられてきた老人に問うた。
「そなたの名前をまず聞こう」低い声がした。それは喉の奥から発せられている様だった。
七本足は静かに数歩さがった。

(続く)


創作 | コメント:10 | トラックバック:0 |

感謝 100000アクセス

気がつけばカウンターが100000を超えていました。ありがとうございます。
早いのか遅いのかわかりませんが、色々な人に訪問していただいているという証なので嬉しいです。

最近、更新のペースが遅くて、申し訳ありません。
これからも来てくださいね。




未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

「ラゴンの虜囚」「辺境の王者」栗本薫を読みました!


 【中古】ライトノベル(文庫) グイン・サーガ 004 ラゴンの虜囚 / 栗本 薫【10P11may10】

辺境の王者
著者 栗本薫
早川文庫
評価 ★★★★★

グイン・サーガ の4,5を続けて読みました。

4巻は何と言ってもマルス伯の最期。グインの策略とは言え、イシュトヴァーンは魘される様な作戦。それとグインがラゴスを求めて行く険しい山のなか、巨大な狼王が付かず離れず共してくれる場面も良かったです。

5巻は辺境編の完結という事でラゴスのドードーや賢者カー、セム族の活躍でモンゴールの野望を挫く。

グインの力がその業だけではなく、人を組織を魅了してまとめる指導力(カリスマ)がますます輝いてきました。

面白いです。熱狂的なファンになるのも頷けます・・・


作家カ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「ラヴクラフト全集2」H・P・ラヴクラフトを読みました!!


ラヴクラフト全集(2)
著者 H.P.ラヴクラフト
創元推理文庫
評価 ★★★★★

読書関係の今年の目標のひとつにラヴクラフト全集を読むがあります。

遅々として進んでいません。やっと2巻目をよみました。

この巻には
クトゥルフの呼び声
エーリッヒ・ツァンの音楽
チャールズ・ウォードの奇怪な事件
の三篇が収録されています。

クトゥルフの呼び声はクトゥルフ神話のきっかけとなった傑作です。

が自分の好きなのは長編

チャールズ・ウォードの奇怪な事件 です。

先祖に怪奇な人物がいる、チャールズ・ウォードはそれを探っていくうちにある事実を知る。
それは死者の復活。その術を先祖以上にうまくする事ができる・・・がその結末は・・

4月の始めに読んだのですっかりわすれているのですがこれは傑作です。
雰囲気は今も覚えています。
はじめはとっつきにくかったけど、読み進めていくうちに引き込まれたのを覚えています。

3巻を何時読めるのでしょうか・・・


作家ラ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「機械蜘蛛の塔 第4回」 日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」

皆さん、こんにちは~★

連休も終わってしまいましたね。
また明日から、仕事です。あまり無理せずがんばりたいです。


機械蜘蛛の塔 4回目です。ますます、混沌としてきました(*^_^*)
どうなるんでしょう・・・

良かったら読んでくださいね。
************************************
機械蜘蛛の塔 第4回

「東の魔女・・きっと眠りの姫の秘密と関係があるんだ」ネルがモニカを見ながら言った。
「頼みのお爺さんを失った今、自分たちの選択肢は二つ、お爺さんの行方を追うか、この東の魔女を探すのか」
「君たちにとってお爺さんは大事な人で心配でいられないだろう。助けにいかなくては考えていると思う。しかしお爺さんを助けると言う事は太古生物との全面対決になる事を意味している。その侵略をくい止めるには姫の一日も早い覚醒が必要なのだ。君たちにとって辛い選択になるが・・・」最後までモニカが言い終わらない途中でネルが言葉を引き継いだ。
「魔女を探そう。きっとお爺さんも賛成してくれている」ネルの両の拳は固く握られていた。チハルも固くい口を食いしばって、涙を堪えている。
「機械蜘蛛の仲間がお爺さんを探し出す。さっきの二体がキカに報告して、行動を起こしているはずだ。私たちは使命を全うする為に一刻も早く東の魔女を探そう」モニカと幼い兄妹は決断した。

 黒犬はその様子を気配を殺し伺っていた。そしてそこまで聞くと音も立てずにしなやかに東に向かって走りだした。ネルとチハルの家は塔から南西の方角に五キロ程の所にあった。黒犬は、一時間以上ひたすら走った。そして、黒山の麓にある両翼に翼を広げた様な形の館の門をくぐっていった。その館は魔女の館であった。入口の広間を抜け、仄暗く長い廊下を右に二回、左に一回、そしてまた右、そして左に曲がった先に、昼間から明かりをともしている部屋があった。入っておくの壁は一面、書物で埋まっている。そこには雑多なジャンルの書物があった。社会学、歴史学、神秘学、宇宙学、科学、心理学、文学、棚の中心は今は失われてしまった言葉で書かれた書物が大量に占められていた。
 大きな机を前に美しい女性リリスが座って、書物を読んでいる。その前に黒犬は歩み寄った。リリスは黒犬をじっと見つめそして声をかけた。
「ミシュ、お帰り。そう、機械蜘蛛とネルたちが私を探しているのね。姫を目覚めさす方法を知るために。キエフをどうしたものだろうね。もとは言えばここは太古生物たちの土地、そこに今の都を築いたのが機械蜘蛛とキエフの民。暗黒の世界でここだけが自然の要害で守られている。キエフの民は凶暴な蛮族から逃れのがれこの地にやってきたのが数百年前。その時のつけが今に回ってきたか。ミシュ、お前はどうしたらいいと思う?」
 ミシュ(黒犬)は悲しげな目をリリスに向けた。
「ミシュお前は戦いを避けたいか・・・しかし根は深い。単純に姫を目覚めさせればお終いという訳にもいくまい」

(つづく)

創作 | コメント:6 | トラックバック:0 |

連休中は・・

おはようございます。

今日から何日か実家(母が一人暮らししている)に行ってきます。
ブログの更新と皆さんのブログへの訪問は帰ってきてからします。


未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。