輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

本を読んだらする事  私的本コラム

私的本コラム (本を読んだらする事)

一冊の本を読み終わるとたいがい、次の様な事をする。

ブログに感想を書き、本に大きめのポストイットを貼り、読了日を書き込む。
そしてエクセルのデータベースに書名、作者名、読了日、ブログ登録日、出版社等を登録する。

暫し、余韻に浸る。面白かったな~とか、いまいちだったとか、

他のブログ仲間はどんな本を読んでるかな~とブログチェックする。

おっこれは面白そうと思うものをチェックし、愛用のほぼ日手帳にメモする。

次は何をよもうかな~と考える。(はじめから決まっている場合も勿論ありますが)

ここで考える事はだいたい次の様なこと。

1:同じ作家のものを読む。
2:同じジャンルの物を探す。
3:併読している本、中途で止まっている本を読む。
4:積読本を崩す。
5:ガイド本から選ぶ。
6:書店に走り、なにか探す。
7:まったく関係ない本を読む。


読了した本が面白すぎると次に読む本になかなか移れないと思いませんか?

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。


スポンサーサイト
本の周辺 | コメント:10 | トラックバック:0 |

「ハサミ男」 殊能将之 「本日の1冊(13748)」


ハサミ男

著者 殊能将之
講談社文庫 2002/8/15

評価 ★★★★★ 2007/9/29(土)


面白いです。
自分にとって殊能将之 初作品でしたが見事、騙されました。

2重に騙されました。

前から知ってはいたのですがそのタイトルが何かひっかかっていて読まずにいました。
なんか、安易な題だな~。なんて思ったものですから・・・・。
で、ですが今は素直に読んでいれば、良かったですと思います。

2連続少女殺害事件、マスコミは”ハサミ男”と呼称。
3人目の犠牲者にすべく、目黒区の高校生、樽宮由紀子の生活パターンを調査中、図らずも
何者かに同様の手口で先をこされてしまう。そしてあろう事か、その第一発見者に。

殺人者が探偵となり、偽者のハサミ男を探し出そうとする。

小説は、ハサミ男のパートと警察のパートで構成されています。

ハサミ男が自殺未遂を繰り返すたびに現れる、別人格の医師との対話が面白い。
相当の読書家で知識が豊富、引用癖があるのも面白いです。

他にはミステリ好きの警官や、犯罪心理分析官が登場したりしています。

サイコスリラー+本格の味わいの作品

第13回メフィスト賞受賞作
殊能将之デビュー作

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。


作家サ行 | コメント:8 | トラックバック:0 |

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 フィリップ・K・ディック 「本日の1冊(13748)」



アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

フィリップ・K・ディック/浅倉久志 訳
早川文庫

評価 ★★★★★

SF好き、映画好きの人にはメジャーすぎて 知らない人はいないのではないでしょうか?

ミステリー好きの”Xの悲劇”位、有名な作品。
SFのオールタイムのベストにも上位にでてきます。

実は自分がはじめて購入したDVDがこの本が原作の「ブレード・ランナー」なのです。

TVで放映されたのを見て、はたまた、原作を読んで、手元に置いておきたい「映画」NO,1だったのです。

映画には 原作の中でイメージされる、シューシュポスの神話の様な岩を転がして頂上まで押し上げていき、また転がり落ちて、また頂上まで押し上げる、苦役の夢がでてきませんでしたが、何故か記憶に残っています。


核戦争で汚染された地球。ここに火星から逃亡してきたアンドロイドを狩り立てる 賞金稼ぎリック・ディッカード(映画ではハリソン・フォードが演じてました)。彼はその賞金で本物の羊を買う事が夢。

人間か、アンドロイドかを判断し処分して行く。その過程で、その違いの意味に疑問を抱く様になる主人公。

SFハードボイルドの傑作であると共にアンドロイドを描くことで人間とはなにか?を問いかけてきます。

未読の方は読んでみてください。面白いです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。


作家タ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「君たちに明日はない」 垣根涼介 「本日の1冊(13748)」


君たちに明日はない

著者 垣根涼介
新潮文庫 H19/10/1

評価 ★★★★☆ 2007/9/28

山本周五郎賞受賞作

面白いです。
名作 ワイルド・ソウル とはまったく違うけど。

リストラ請負会社の 村上真介。仕事はリストラの面接官。
同じ会社の人事部では言いづらい面接を請け負う。

人間ドラマの中に恋愛や友情や社会が垣間見えます。

File 3. 旧友 File 5.去り行く者 の章は泣けました。

最初は??だらけだけど、中ごろから ぐいぐい物語に惹きつけられます。


恋人になる(怒れる女)陽子さんや派遣アシスタントの(白痴美人)川田美代子もいい味だしてます。

実際、どの会社もリストラを経験していると思います。
自分の勤めている会社でも今までに2度、そういう時期がありました。
なので、面接を受ける側に心情的に思いが行ってしまいますね。
あなたが悪いのではない・・・(中にはいるけど)

そんな人たちを相手にしている 村上真介、憎めないですね。
愛嬌たっぷりです。


何故か、奥田英朗のイン・ザ・プール を思い出しました。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。


作家カ行 | コメント:6 | トラックバック:0 |

「精神と物質」 立花 隆、利根川 進 「本日の1冊(13748)」



精神と物質

著者 立花隆/利根川進

文春文庫 1993/10/9

評価 ★★★☆☆
2007/9/26

非常に興味深いのですが、理解しきれません。

雰囲気だけ味わった感じになってしまいました。(笑)

立花隆さんは知の巨人と呼ばれていますね。
これからも機会をみて読んでいきたいと思っています。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

20世紀後半になって分子生物学は飛躍的な発展をとげ、いずれは生命現象のすべてが物質レベルで説明がつくようになるだろうとの予測すらある。その中で100年に1度という利根川進のノーベル賞論文はどのような意味をもつのか。立花隆が20時間に及ぶ徹底インタビューで、私たちを興趣あふれる最先端生命科学の世界にいざなう。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。

作家タ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

速読について

最近 速読に興味あります。

書店にいきますと いろいろな 速読術の書籍が置いてあります。
ただ、本を読んだだけで早くはならないかと思うのですが・・・。どうでしょう?

また、通信講座や教室の類もいろいろありますね。

読みたい本がいろいろあるので、速読術は有効なのか と思ったしだいです。

速読について

実際、試してみたとか、 こんな講座、あるいは書籍がお勧め等ありましたら 意見を聞かせていただけませんか?

実体験のある方、興味のある方、教えてください。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。




本の周辺 | コメント:10 | トラックバック:0 |

「黒死館殺人事件」 小栗虫太郎 「本日の1冊(13748)」



黒死館殺人事件

著者 小栗虫太郎

ハヤカワポケットミステリ 

評価 別格

自分はこの作品を今から ?十年前、高校生の時、読みました。
果たして、中身を理解していたか、甚だこころもとない限りです。

ハヤカワ書房のホームページを閲覧していいましたら 再販されていました。


黒死館殺人事件 早川書房web

高校生の頃に比べたら、今の方が理解力は数段上の筈です。?

読むスピードは歳のため老眼が始まった様で、落ちるかもわかりませんが(笑)

これは再チャレンジしなくては・・・・

今日は単なる再読メモになってしまいました。

法水麟太郎 に会いに行くのだ。
そしてそのペダントリーに溺れてしまうかも・・・・

皆さん、この作品への思い入れありますか?あったら聞かせてください。m(__)m

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。
作家ア行 | コメント:8 | トラックバック:0 |

ノワール文庫判ブックカバー の名いれ 「本日の1冊(13748)」



過日、ノワール文庫判ブックカバーを購入したブログを書きましたがその続編です。

革の材質は柔らかく軽くていいですよ。
新しいせいか、香りもいいです。

このカバーには左側にある厚さの調整部がありません。
ですから余り厚い文庫ははいりません。

手持ちの文庫で試したところ 530ページのは入りました。
「葉桜の季節に君を想うということ」 は ちょうど良い感じです。

では 200ページの比較的薄い本はどうでしょうか?

薄いのも固定されて 良い感じで読めました。 「太陽の塔」(230p)くらいの厚さでも良いですよ。
ブックカバー

名いれはこういう感じです。

名いれ

自分は ”金文字”を選択しましたが ”銀文字”と”素押し(色なしで凹むだけ)”が選択できます。


カバーが2400円+名いれ 500円 +送料500円でした。
愛着がもてるカバーだと思います。

本の周辺 | コメント:6 | トラックバック:0 |

「騙されやすい日本人」 宮脇磊介 「本日の1冊(13748)」

騙されやすい日本人

著者 宮脇磊介
新潮文庫 平成15年3月1日発行 (絶版のようです)
2007/9/24

第1章 危険にさらされる「情報弱者」日本
第2章 ジャーナリズムにおける日本の危機
第3章 タブーがもたらす日本の危機
第4章 危機を克服するために

の4章からなります。

印象に残ったのは

第1章第3節で なぜ阪神・淡路大震災は大災害になったか で 

大地震がおきる前から この地域で地震が起きる可能性が大きいとの警告があったにもかかわらず、そんな事は起きないとの思い込みから災害に無防備だったことが浮き彫りになっています。またその後の自衛隊の出動が遅かった事もその 反戦気運が他地域より強く、自衛隊アレルギーが格段に強い場所だったとの事です。

の所です。

また冷戦終了後 、そのターゲットをなくしたCIAやKGB が 活動の場を 敵国監視ではなく経済および、技術活動 に向ける とのくだりは ハットします。

日本の危機に対する脆弱性が良く判る本でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。


作家マ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「ぼくのメジャースプーン」 辻村深月 「本日の1冊(13748)」



ぼくのメジャースプーン

著者 辻村深月
講談社NOVELS 2006/4/6
2007/9/23 読了
評価 ★★★★★

いい話だな~。と思う。

小学四年生のぼくはある力をもっている。

それは言葉で人を縛る力。

○○しないと××になる

同級生のふみちゃんを救うためにぼくは戦う。

ぼくの学校では うさぎを飼っていて四年生がその飼育係。
皆が餌の順番を忘れたりするなか ふみちゃんは 黙って 皆のフォローする。
じっと見守って、順番を忘れてしまった子がいるとそっと餌をやるのだ。
そんなふみちゃんは クラスの中で 特別に誰かと仲が言い訳ではない。
一人のときのふ方が断然、多い。

ぼくはそんなふみちゃんを尊敬しているし、大好き。

ある時、ふみちゃんの発案で、足を怪我したウサギに車椅子をつくる事になった。
それをテレビ局が取材し、全国的に話題となる。

その後、うさぎ小屋のうさぎが殺される事件が発生。
それを機会にふみちゃんはこころを閉ざしてしまう。

ぼくはうさぎ殺しの犯人と対決する事とする。あの不思議な力を使って。

同じ力を持つ大学教授の親戚、秋山先生に力についての教えてもらいながらその時を迎える。

ラストは感動しました。

辻村深月さん、良いです。好きになりました。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。m(__)m

作家タ行 | コメント:8 | トラックバック:0 |

「邪魅の雫」 京極夏彦 「本日の1冊(13748)」



邪魅の雫

著者 京極夏彦
講談社NOVELS 2006/9/26
2007年9月22日読了

評価 ★★★★☆

ずっと積読状態でしたが読みました。
いつもの京極ワールドに浸りました。

ただ探偵 榎木津のいつもの暴れぶりを見れなかったのが少し残念。

或る意味これは榎木津の物語です。

登場人物の小説家の関口巽はなんとなく判る気がします。
なんか同情してしまいます。

殺してやろう、死のうかな、殺したよ、殺されてしまいました、俺は人殺しなんだ、

昭和28年夏江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が次々と。
警察も手を拱く中、ついにあの男が登場する。 「邪なことをすると--死ぬよ」 
(背表紙より)

長い物語でした。
普段、寝転んで本を読む事が多いのですが手首が痛くなりますね。この本の重さ。
分冊でもいいのに・・・・・。

京極堂は相変わらず、カッコいいです。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。m(__)m

作家カ行 | コメント:6 | トラックバック:0 |

「ガダラの豚」 中島らも 「本日の1冊(13748)」



ガダラの豚

著者 中島らも

集英社文庫

評価 ★★★★★

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
怪しげな僧侶やインチキ新興宗教の教祖、超能力青年や手品師、さらには呪術研究家やアフリカの呪術師など、日本とケニアの魑魅魍魎が跋扈する世紀末の人間戯画。

凄く面白いです。
いんちき超能力や手品のだましの内容とか、暴いてて最高に面白い。

面白本をお探しの方で、この本を未読の方には超おすすめです。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。m(__)m
作家ナ行 | コメント:6 | トラックバック:0 |

「唐獅子株式会社」 小林信彦



唐獅子株式会社

著者 小林信彦
新潮文庫

評価 ★★★★★

オヨヨ大統領シリーズも大好きですが今日は小林信彦さんの唐獅子株式会社 を紹介します。

須磨組一家がシティ・ヤクザへ大変身
社内報を発行したり、映画産業に音楽祭とギャグ満載。

1ページに一回は笑える?

絶対お勧め。面白いよ。 たしか映画にもなりました。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。m(__)m

作家カ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |

「ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座」 井沢元彦 「本日の1冊(13748)」


「ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座」

著者 井沢元彦
徳間書店 第一刷 2004年11月30日
評価 ★★★★★

世界の1/3の人が信仰するキリスト教、1/5のイスラム教、そしてその元となったユダヤ教。

世界を理解する為には宗教を理解する必要があります。
日本人と大きく感覚を異にするのはその宗教感だと思います。

人を救うべき宗教同士が対立し紛争やテロを繰り返しています。
その疑問にこの本は答えてくれます。

一神教、それが答えの一つです。

一神教では神は一人です。
なのにキリスト、イスラム、ユダヤ それぞれが真の神は自分達の信じる神が本物だと主張しています。自分の信仰している宗教から他(宗教)を見ればすべて邪教なのです。

邪教の徒は極端に言えば”人”ではありません。単純な図式で説明するとこうなります。

一神教の成り立ち、歴史、考えをこの本は教えてくれます。

世界を動かしている宗教を知るのに、この本は良いと思います。

これからの日本の立場(日本的考え方)はますます重要になると感じます。

文庫化もされてます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。m(__)m
作家ア行 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「冷たい校舎の時は止まる(下)」 辻村深月 「本日の1冊(13748)」



冷たい校舎の時は止まる(下)
著者 辻村深月
講談社文庫 2007/8/10 (初出ノベルス 2004年)
2007/9/8読了

総合評価 ★★★★★

リンクを張ったら現在、在庫切れでした。人気あるのですね。

校舎から飛び降り自殺したのは○○○○だったのか!
でこの状況を作ったのが○○○○で、

○○と○○が○○で。

何のことか読んだ人しか分からないと思いますが、凄く良かったです。
特に下巻はページ数を感じさせません。
上巻はちょっと長いかなと思いましたが、下巻は良い。

菅原の昔のエピソードのとこは良かったな~。
「ひまわりの家」に集まる訳ありの小学生たち、両親から手伝う様言われ中学生の菅原は毎日の様に通う。
そこで知り合った、小さな友人達。二人のヒロ。

読み直したくなると思います。


ほんとに最後は何ヶ所も思わず目頭が熱くなる場面が続きます。
お勧めです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

上巻はこちら



作家タ行 | コメント:8 | トラックバック:0 |

「魍魎の匣」 京極夏彦 「本日の1冊(13748)」


魍魎の匣
著者 京極夏彦
講談社ノベルス
評価 ★★★★★

自分が読んだはじめての京極夏彦さんの作品。
初読が95年なので、もう12年経ちます。
しかしあの感覚は昨日の様に覚えています。

で自分の中で京極堂シリーズの中で今もこの作品がベストです。
完全にやられてしまいました。

こんな小説読んだことありませんでした。

匣の中の首。

妖怪が題目にはいっていることから新鮮でした。

それに魅力的な登場人物。
黒衣の京極堂にはしびれます。
関口巽。共感しますね。
世界を見通すただ一人の探偵 榎木津。なんと言う性格。
木場。

文章に、細部に幻惑を感じます。

再読候補。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


作家カ行 | コメント:10 | トラックバック:0 |

「堂々たる日本人」 泉 三郎 「本日の1冊(13748)」



堂々たる日本人
知られざる岩倉使節団
著者 泉三郎
祥伝社黄金文庫
評価 ★★★★★


岩倉使節団というと 国が大変な時期になんか2年近くも諸国漫遊してたとのイメージがありませんか?

行く先々で欧米人が驚嘆した、使節団の堂々とした”態度”とは。

この本を読むと当時の日本人の力量が高く評価されていたのが判ります。

岩倉使節団より以前にアメリカを訪れた幕府の新見使節がニューヨークで大歓迎を受け
ホイットマンがそれに感激し「ブロードウェイの行進」と言う詩を書いたことが紹介されています。

西方の海を越えて、こちらへ、日本から渡来した、
謙譲にして、色浅黒く、腰に両刀を手挟んだ使節たちは、
頭あらわに、落ち着き払って、無蓋の四輪馬車のなかに反りかえり、
今日この日、マンハッタンの大路を乗りゆく。


不平等条約の撤廃を急ぐ余りの失敗もあったようですが、その英断や態度、礼儀作法は立派なものだった。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


作家ア行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

河野 典生 を知っていますか? 「本日の1冊(13748)」

今日はちょっと趣向を変えて昔、自分が嵌った作家

その1 河野典生 の巻き

すべて角川文庫ででてました。

殺意という名の家畜

は有名なのでご存知の方も多いではないでしょうか?

その他では

群青
陽光の下若者は死ぬ
狂熱のデュエット
緑の時代


とどれも大好きでした。
特に群青は好きです。

ジャンルで言えばハードボイルドに分類されるのでしょうが一線を画していました。
青春を思い出します。いいな~。

河野典生を覚えている人、いますか?
良いですよ。
作家カ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |

SAPIO 9/26号 「本日の1冊(13748)」

小学館の雑誌 SAPIO 9/26号 

特集で 「繁殖する中国毒」 を組んでいます。
兵器、食品からマネーまで、

最初の記事は 米国が依存する「メイド・イン・チャイナ」兵器は中国が送り込んだ「トロイの木馬」である

この記事でもっとも印象的だったのは レアメタルに関する次の内容である。

92年にとう小平(依存文字でとうの字が使えませんでした)は「石油は中東に依存せざるをえないが、中国にはレアメタルという未来がある。今後、戦略的価値を増していくレアメタルは、中国が世界制覇を達成するうえでおおきな力を発揮するだろう」との言葉をのこした。

現代の中国はその遺志を守りレアメタル資源の開発を民間や外資に委ねず、政府が開発の権利や産出量を完全にコントロールしている。

レアメタルをご存知ない方に説明するとタングステンやインジウムなどの31種類の希少金属の総称です。電子部品等に利用されています。

とう小平の世界覇権戦略 「863計画」によると
まず安価でレアメタルを世界中にばらまくことで、他国の鉱山を閉鎖に追い込み、市場の独占が完了したところで供給をコントロールする。同時に安い労働力を使い安い製品を世界中に輸出し、外貨を獲得する。このレアメタルと外貨(ドル)の両面からアメリカの軍事企業を買収し、ハイテク技術を盗み出す」という計画である。

何年が前にIBMが中国に買収されたがそれはその一環。

別の本で読みましたが、国の根幹にかかわるパソコンのOSにウンドウズをそのまま使っているのは日本だけではないかととの記事を見ました。

この意味はセキキュリテイにバックドアをしかけ情報をハッキングされる危険があるため、そ
の国が独自に開発したOSをつかっているとの事です。


冷戦後、世界は戦争の場を経済に大きく移しました。そこは表と裏のある世界です。
表のルールでは日本は有利かもしれません。しかし情報戦をはじめとする裏のルールの世界で日本は完全に送れをとっています。無防備に近い状態です。スパイ天国、日本の現状を返上しなければ明日の日本はないかもしれません。

大丈夫か日本と思います。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

雑誌 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「できる人の書斎術」 西山昭彦 中塚千恵 「本日の1冊(13748)」



できる人の書斎術

著者 西山昭彦 中塚千恵
新潮新書 2005/1/20 発行

評価 ★★★☆☆

書斎にあこがれる、全国のお父さん、お母さん にお勧め。
書斎の実際の写真やイラストが多数収録されていて参考、刺激になります。

やりたいことをやろうとするとき、自由に使える自分の場所は絶対に必要です。
その象徴的なものが書斎です。 (帯より)

場所がない?から書斎は無理?
それなりの場所が必ず確保できます。まず場所と机から用意しましょう。
アイデアを絞れば必ず実現できると思います。

ようは強い思いだと思います。

書斎に興味ある、すべての人に・・・・

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

本の周辺 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「陽気なギャングの日常と襲撃」 伊坂幸太郎 「本日の1冊(13748)」



陽気なギャングと日常と襲撃
著者 伊坂 幸太郎
NON NOVEL 2006/5/20 出版
2007/9/10読了
評価 ★★★★☆


「陽気なギャングが地球を回す」の続編です。

相変わらず面白いです。

4人のキャラ
成瀬
響野
雪子
久遠

がいい味出してます。でもやっぱり一番は成瀬かな。
人間嘘発見器、こんな人が側にいたら厭だけど。。。。

最初の1章はそれぞれ4人が出会う不思議な事件の話。
2章からは銀行強盗後、それぞれの事件が絡みはじめます。

中に出てくる人の良い誘拐犯 小西と大田は憎めないキャラで好きです。
誘拐された良子もなんか実際にいそうな感じだし。
安心して読める一冊です。

これで伊坂さんの本は積読の山からは無くなってしまいました。
文庫化されたのは全部読んだと思うのでどうしようかな?

読む本の内 6割以上 文庫なので・・・悩みますね。(*^^)v

皆さんは文庫派ですか?
単行本派ですか?
単行本で買うルールみたいのありますか?
古本と新品の購入ルールも知りたいです。

最近、懐具合が心配な自分です。・・・・・(*^_^*)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

それにしても楽天のメンテナンス長かったですね。
日記なかなかアップできませんでした。
作家ア行 | コメント:12 | トラックバック:0 |

「冷たい校舎の時は止まる(上)」  辻村深月 「本日の1冊(13748)」



冷たい校舎の時は止まる(上)

著者 辻村深月
講談社文庫 2007/8/10 ノベルス 2004年

2007/9/5読了 上巻評価 ★★★★☆


初めての辻村深月さんです。

出だしは普通っぽかったのですが 進むと不思議な話になってきます。

雪の降る日、8人の高校生が校舎に閉じ込められてしまいます。
何故?

学園祭の最終日、校舎からの飛び降り自殺があった。
何故かそれが誰だったか思い出せない8人。

自殺した生徒がこの校舎に閉じ込めたのか。

「どうして、わすれたの?」

「おもいだした?」

ドッキとするところもあるし
高校生らしい、青春のひとこまもあるし楽しめます。

辻村深月
鷹野博嗣
菅原
藤本昭彦
桐野景子
佐伯梨香

清水あやめ

のそれぞれ8人が個性的に描かれています。

各人が抱えている闇が明らかになってくる。
どうやったら普通の世界にもどれるのか?

下巻に期待です。どんな結末になるのでしょう?

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
作家タ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |

講談社文庫 特製カバー プレゼント


プレゼント情報です。

今 講談社文庫の表紙の折り返しの部分の葉っぱ?マークを10枚集めて応募すると
特製カバーが貰えます。

締め切りは2007年12月末日

カバーは
1デニム地・黒
2デニム地・紺
3デニム地・黄
4レザー風・紺
5レザー風・赤


から選べます。

講談社のwebサイトに情報が載ってないみたいなので応募方法を記載しますね。


1:葉っぱ?マークを10枚集めます。

2:住所・氏名・年齢・職業・電話番号・希望の色番号を明記のうえ

郵便番号 112-8001 東京都文京区音羽2-12-21 講談社
  「講談社文庫特製ブックカバー」プレゼント係

まで封書で送る。(はがき不可)
発送まで1ヶ月程かかるとの事

早速、家にある講談社文庫を集めてみます。
皆さんもどうですか?

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
本の周辺 | コメント:4 | トラックバック:0 |

今日は・・・・

今日は帰りが遅くなり何もできません。

冷たい校舎の時は止まる(上)を何ページか読んで寝ま~す。

あしたは最近設定された”ノー残業デイ”なので早く帰ってこれると思います
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

古本の成果 「本のある暮らし(27140)」

先週の日曜日 ブック・オフにて古本を購入しました。


銃・病原菌・鉄
ジャレド・ダイヤモンド 著
草思社
2000年

前から欲しかった本 上巻しかありませんでしたが500円で購入

私書箱9号
ジャック・オコネル 著
早川書房


こちらは1992年の本

帯のコピーがすごい
ボンデージ・ルックに身を包んで
女刑事は悪を縛りあげる
大胆不敵にしてセクシーな暗黒クライム・ノヴェル

なんだこりゃの世界ですね。

当時、ミステリーマガジンの新刊評で見た覚えがあります。

私的メモ
===探している古本======

消えた玩具屋 エドモンド・クリスピン
堕ちる天使  ウィリアム・ヒューツバーグ
エリック・ホッファー自伝
広瀬正の文庫 各種



この辺の古本屋では見つからないだろうな~

本の周辺 | コメント:8 | トラックバック:0 |

ありがとうございます。

皆さんありがとうございます。

アクセス数が10000を超えました。

これもこの様な拙いブログを見に来て頂ける皆様のおかげです。
ほんとに嬉しいです。ありがとうございます。

これからも

本の感想(いろいろなジャンルの)

本を取り巻く話題

知的好奇心を刺激する話題

等を中心にそのときの気分で書き綴っていきたいと思っています。

これからも応援宜しくお願いいたします。

最近、読書スピードが遅くなりましたが気長に待ってくださいね。

ブログ村に登録しました。こちらも宜しかったらお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

=====================
今日のお勧め本
=====================




文房具を楽しく使う ノート・手帳篇

和田哲哉 著 
早川書房 単行本(ソフトカバー)

文具好きの方は必読の書(?)
ノート、手帳の選び方、ロディアの使い方等、楽しい本です。



雑記 | コメント:20 | トラックバック:0 |

「キリオン・スレイの生活と推理」 都筑道夫 「本日の1冊(13748)」


絶版
キリオン・スレイの生活と推理
著者都筑道夫
角川文庫

今日は、都筑道夫さんについて
都筑道夫さんが2003年に亡くなってから4年経ちます。
都筑さんにはシリーズものが沢山ありました。

退職刑事シリーズ
なめくじ長屋シリーズ
キリオン・スレイシリーズ
雪崩連太郎シリーズ
物部太郎シリーズ

これ以外にもあったと思います。
怪奇ショートショートも面白かったです。
新刊で読める事がなくなって淋しい限りです。

久しぶりにキリオン・スレイの一作を読んでみましたが
その謎の出し方と推理の過程、と変な外人(キリオン・スレイ)の会話。
面白いです。

都筑さんがいかに推理小説を愛していたか、その作風をみれば分かりますね。

今の若い人にも知ってもらいたい作家です。
作品が手に入り辛くなっているのが残念です。
作家タ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |

「ほぼ日手帳」 注文しました。

ほぼ日手帳今日から販売開始です。
カバーをどれにするか迷いますね。
今年は水色のナイロンカバーを使っていますが来年はどうしよう?

チノも落ち着いていていいな~。
マンゴーオレンジもいいし。

とさんざん迷ったあげく、ナイロン・キウイに決めました。

web 混んでいて繋がりづらいですがなんとか注文できました。 (*^_^*)

ほぼ日手帳

手帳 | コメント:4 | トラックバック:0 |

「腑抜けども悲しみの愛を見せろ」 本谷有希子 「本日の1冊(13748)」



腑抜けども悲しみの愛を見せろ

著者 本谷有希子
講談社文庫 2007年5月15日
2007年9月1日読了
評価 ★★★★☆

面白いです。ミステリーではありません。

「あたしは絶対、人と違う。特別な人間なのだ」 女優になるため上京していた澄伽(すみか)
両親の葬式のため実家の田舎に帰ってきた。

その日から妹、清深(きよみ)へのいじめが始まる。それは過去にプライベートを村中の人間に暴露された事への復讐。

兄(宍道(しんじ))と兄嫁を巻き込んで家族間の愛憎劇が始まる。

すさまじい個性を発する澄伽やその兄弟のなかで兄嫁の待子は憎めない愛嬌だしてて好感がもてます。待子も凄い過去を持っているのですが、その過去から”すべてに諦め、期待しない”と思いつめています。

ラストはミステリー的で愉しめます。
お勧めです。
作家マ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。