輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

kotoba 2012年春号



定期購読している kotoba no,7 です。

色々な方面から死を考えています。
科学からの死をかんがえたところで、生命が誕生したときはある意味、不死だった、それは細胞分裂で増えていったから・・・それが性による種の保存を選んだ時から死ぬことのなったとの話にとても興味をひかれた。性は生に通じそして死のことでもあったのですね。

この本ではありませんが思い出したことがあります。日本に自生する彼岸花はすべて同一のDNAをもっているとの事。稲作の伝来と同時期に中国からもたらされた一つの球根から株分けされて日本中に広がったそうです。凄い事だとおもいませんか?植物(木材)はきっても長い間、そのままの形を保ちます。これも不死のひとつですね。

今、医学、治療が進んで寿命がどんどん長くなっています。100歳も珍しくなくなってきました。これはとても喜ばしい事なのでしょうが、見方をかえる(もともとの生命としての寿命からみれば)、歪んだことかもしれません。社会形態さえかえていきます。

人の死は悲しいものです。しかし誰もが逃れる事ができません。
震災で失われた尊い生命の事は忘れないことが一番だと思います。
そして誰かの心に生きていくことが大事な事だと感じます。

作家の木谷恭介氏が断食安楽死の失敗談を書いていてそれもとても興味深かった。
スポンサーサイト
雑誌 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ナイトランド 購入

数日まえに紹介したナイトランドを年間購読で購入しました!

薄い 128頁です。いつも買っている「本の雑誌」も同じページ数なのですがこっちの方が薄い。
上質紙を使ってるんですね。

ぱらぱら、してみて挿絵があるのが良いです。挿絵の特集をいつかしてほしいな~~ 手紙でお願いしようかな~
ラヴクラフトも今年は読もう!


雑誌 | コメント:2 | トラックバック:1 |

ホラー専門誌「ナイトランド」創刊!!

ミステリーファンには「ミステリマガジン」
SFファンには「SFマガジン」があります!

でも海外ホラーファンには専門誌がありませんでした!

かなり昔はあったんですけど、古本ではとても希少すぎてとても高価・・・

そこに、ホラーファンに朗報です。



ナイトランドが創刊されたんです。季刊誌というのも良いです。

ナイトランド創刊号

ホラー、好きなのでとても興味あり・・・・
書店にはあまり流通してなくて、ネットで定期購読が基本みたい・・・
興味のある方は是非のぞいてみてください^^

雑誌 | コメント:2 | トラックバック:1 |

雑誌「本の雑誌330号」を読みました!


【送料無料】本の雑誌(第36巻12号(2010 12)

定期購読している本の雑誌、12月号の特集は活字で自活!
拾い物の神様  下向き生活バンザイ は面白かった。

思わぬ拾い物や貰いものは嬉しいですね。古本もくれるといったら嫌がらないでみにいきましょう。但し相手を良く見てね。普段からどんな本を読んでいるかで持っている本も想像できますから・・・

 このての話に良く出てくるのは、サンリオSF文庫!ですね。自分が学生の頃創刊され1987年には廃刊。そのての趣味の人の垂涎のまととなっております。自分も一冊くらいはもっている筈なんですが・・・どこいったのだろう。創刊時、もっと買えばよかったな~。
でもいかんせん、貧乏学生だったのです。辞書も買えなかった・・・


月間雑誌の上では12月、1月ですね。
そろそろ、一年の総括を考えないと・・・・
雑誌 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「NHK私の1冊日本の100冊」を読みました。 「本日の1冊(13748)」


NHK私の1冊日本の100冊(人生を変えた1冊編)

著名人が1冊を語ってます。
自分にとっての1冊を選ぶとするとなにになるだろう。

きっとまだ見ぬ1冊があると思う。
11月、今年あと何冊読めるかな・・・今年、あまり読んでない気がします(泣)


雑誌 | コメント:8 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。