輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

5月の読書メーターまとめ

5月のまとめです。
あんまり読んでないな~~

5月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3303ページ
ナイス数:259ナイス

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)
おお凄い!半分も理解できていないかもしれない。でも凄いのは判った。ここから始まったのか。「悪魔を呼び出すにはそいつの名前を知らなくちゃならない。・・・ニューロは神経、ロマンサー、ネクロマンサー、ぼくは死者を呼び起こす」ネットに存在する知性。その統合。カウボーイのケイス、レンズを埋め込んだモリイたちの戦い。イメージの奔流に飲み込まれました。日本趣味も最初、違和感あったけど今は良い。「オルタード・カーボン」と読む順番間違えたかも。イアン・マクドナルドの「サイバラバード・デイズ」にも通じるな。改めてスゴ・・
読了日:05月30日 著者:
SFが読みたい!〈2006年版〉発表!ベストSF2005国内篇・海外篇SFが読みたい!〈2006年版〉発表!ベストSF2005国内篇・海外篇
今回は国内外、40冊中7冊読んでた^^全然、自慢にならんけど嬉しい。次は2007年版を手に入れます^^神狩り2 と デカルトの密室、海外では輝く断片 かな・・・
読了日:05月28日 著者:
本の雑誌348号本の雑誌348号
定期購読:山田正紀「ファイナル・オペラ」面白そうだな~。でも「ミステリ・オペラ」も未読だしな。なにより「神獣聖戦」を先に読まないと・・有川浩の10冊・・・レインツリーの国だけしか読んでません。面白いのはみなさんの感想でもわかってるですけど・・
読了日:05月27日 著者:
ナイトランド 創刊号ナイトランド 創刊号
雑誌は挿絵があるのが良い。「沼地に潜むもの」(目次が間違ってるけど)が良かった。ハワードの「矮人族」も好き。創刊号ですが長く続いてほしいものです。
読了日:05月27日 著者:朝松健・森瀬繚・朱鷺田祐介・立原透耶・鷲巣義明・マット・カーペンター他
オルタード・カーボンオルタード・カーボン
おおっ!タケシ・コヴァッチ、かっこいい!!「おれにはかたかたと音をたてる良心というものがこのあたり-どこかこのあたりにあるんだよ」 攻殻機動隊、ガンズ・オブ・パトリオット、ハドリー・チェイスやマイク・ハマーをごった煮にした感じか。デジタル化された精神。肉体のコピーにダウンロードすることでいつまでも生きることができるメトたち。しかしそれは膨大な財力があるものだけに許されたこと。不死は権力者のもの。ライカーの肉体はライカーの精神にもどったのかな?オルテガはコヴァッチをライカーの中に見るのか・・う~む。傑作!
読了日:05月24日 著者:リチャード モーガン
SFが読みたい! 2005年SFが読みたい! 2005年
過去のSFが読みたい!を揃えていく事にしました。(2008年版以降しかもっていなので・・・)今はネットがあるので便利ですね。2005年版では内外各ベスト10中、海外のみ4作、既読・・・う~む、少ないな~~国内編ゼロって・・・
読了日:05月18日 著者:
くじ (異色作家短篇集)くじ (異色作家短篇集)
どの短編も人間の奥深くにある、残忍さや不確かさを浮かび上がらせる。「くじ」は超有名で、内容は読む前から知っていた。なのにこの怖さはなんだろう。意味は忘れ去られて行為、習慣だけが残った結果が・・・「アイルランドにきて踊れ」この逆転劇、老人に親切にするのだが、受けた側は・・・「もちろん」向いに引っ越してきた家族、良い人たちみたい、そして会話を重ねるうちに・・ 読んでいるうちに座り心地のわるい椅子に腰かけているような、背中がむずむずするような感覚になります。このじんわりくる怖さは格別ですね!面白かった!!
読了日:05月15日 著者:シャーリイ ジャクスン
おすすめ文庫王国2012 (本の雑誌増刊)おすすめ文庫王国2012 (本の雑誌増刊)
増刊は買ってなかった・・・昨日、B・OFFで見つけ速攻購入。切り口が多彩で面白い!!!これからは増刊も買った方がいいな~~
読了日:05月14日 著者:
しのびよる破局  生体の悲鳴が聞こえるか (角川文庫)しのびよる破局 生体の悲鳴が聞こえるか (角川文庫)
今の世界を考えるのに必須の本ではないかと思う。民主主義は最良の政治しすてむだったはず、そう教わってきた、しかし今の世界を振り返ってみれば、格差は広がるばかり、世界の未来はどこにあるのだろ・・・
読了日:05月13日 著者:辺見 庸
サイバラバード・デイズ (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)サイバラバード・デイズ (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
面白かった!分割した未来のインドを舞台に超知性やAI、第三の性、ネットワークに存在する複数の人格AIを描く。7つの短編どれも面白かった。なかでも好みは「暗殺者」、敵対する二つの家、ロミオとジュリエットの過激版?と勘繰ったけど、題名がこれなので・・最後はなんとも 「小さき女神」神になった少女、ワイヤーから落ちて死んだ叔父を笑いながらみていたところから神の資質は・・・神ではなくなってからも面白い 「ジンの花嫁」「ヴィシュヌと猫のサーカス」も良いです。好きです。
読了日:05月11日 著者:イアン マクドナルド
忘れられた花園 下忘れられた花園 下
おお、面白い!!上巻は今ひとつのれなかったのですが下巻は謎が回収されていく度にゾクゾクしました!ネルの過去、イライザの末路・・・忘れられた秘密の花園・・・ほんと面白い!!!
読了日:05月04日 著者:ケイト・モートン

2012年5月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

スポンサーサイト
本の周辺 | コメント:8 | トラックバック:0 |

「The Art of George R. R. Martin's a Song of Ice & Fire」を購入しました! 「本日の1冊(13748)」

洋書です。
The Art of George R. R. Martin's a Song of Ice & Fire
アマゾンで見つけて注文してから半年。忘れていたらやっと手元に届きました。

あの氷と炎の歌の世界が目の前に現れます。
絵を眺めているとまた続きを読みたくなります!




表紙&裏表紙 ロブ・スタークの雄姿でしょうか?
表紙

右ページ、ブランがホーダーの背に乗せられて塔を目指すところ
ブランたち

ナイト・ウォッチに身を置く ジョン・スノウです。
ジョン・スノウ

ハイガーディンでしたか、囚われの身のティリオン。隣のページの絵もティリオンですが・・
ティリオン

アリアです。上には早川文庫のよく知った絵が
アリア

ドラゴンの復活とデーナリスです。
デーナリス

赤い女 メリサンドル
メリサンドル

人物の絵は日本の方が素敵ですが、城とか情景を沢山見ることができてうれしいです。

円高で洋書も買いやすい時期かもしれません。


本の周辺 | コメント:4 | トラックバック:0 |

「東京創元社文庫創刊50周年記念のブックカバーが当選しました!!」

先週の事です。

東京創元社の文庫50周年の記念カバーが当選しました。
(創元社、おめでとう、そしてありがとう
(ほぼ、同じ年・・・・)

東京創元社の文庫カバー

自分のは白いのです。デニムでしっかりした作りで裏はコーティングされてます。
汚れが目立ちそうなので綺麗に使うつもりです。

で、驚いたのですがなんと、ハヤカワのトールサイズを入れる事ができる大きさなんです。
創元社 偉い、太っ腹。

これからも読みますよ~。

そんな訳でもないけど

ラヴクラフト全集(7)


心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿

を買ってきました
本の周辺 | コメント:8 | トラックバック:0 |

「SF本の雑誌」 


SF本の雑誌

定期購読している 本の雑誌 から別冊が発売 SF本の雑誌です。

中身は SFオールタイムベスト100決定会議 大森望、鏡明、風野春樹の3氏がSFを熱く語り?ながら独善的に決めていきます
そのベスト10は

1 万物理論 イーガン
2 ソラリス レム
3 マイナス・ゼロ 広瀬正
4 故郷から10000光年 ティプトリー・ジュニア
5 虚構船団 筒井康隆
6 虎よ、虎よ ベスター
7 ユービック ディック
8 ハイペリオン シモンズ
9 十二国記 小野不由美
10 百億の昼と千億の夜 光瀬龍

です。 どんな基準だ・・・

最近読んだ 虐殺器官が16位
涼宮ハルヒの憂鬱が66位に入ってたりします。

こう云うリストをみると読んだものにチェックしたくなるのは 本読み者の性か・・・

それいがいにも 過去の本の雑誌がどうSFを取り上げてきたかとか
大森望と北上次郎の 初心者向け面白SF の対談

とか盛りだくさん。円城塔の短編がのってたりします。

SFが好き、興味があるひとにお勧め。

本の周辺 | コメント:3 | トラックバック:0 |

募集 あなたの理想の本棚 

カッコいい本棚。

自分の目指す本棚(蔵書)とはなんでしょう。

理想を云えば図書館になってしまう。
それでは現実味がないので条件を付けます。

5年後、10年後、自分の本棚、書斎はどうしたいか。
物理的、経済的な制約はあまり考えないでください。
ちょっと無理すれば実現可能程度の範囲で考える事。

皆さん、ちょっと考えてみませんか?

もし賛同いただけたら、ご自身のブログに書いてください。

で自分の目差す本棚は

まず
フィクション

江戸川乱歩全集を揃える。
SFマガジン、ミステリマガジンがずらっと並んでいる。
実家においてある雑誌”幻影城”を全冊並べる。
広瀬正の作品を集める。
日影丈吉を揃える。

日本の名作(これから読みたい作家)
芥川龍之介、魯迅、大西巨人、開高健、安部公房、埴谷雄高、稲垣たるほ 等をなれべたい。


海外の名作では
ツァラトゥストラはこう言った
レ・ミゼラブル
ドストエフスキーの諸作


高校生のころ、ハヤカワ書房のSF全集を学校の図書館で何冊かよんだのですがあれ揃えたいです。


現在
これはいままでどおりの進め方でいいかな?ミステリ、SFで
ただ、村上龍は全冊読みたい。

歴史
ローマ帝国衰亡史 (ギボン) これは最近購入済み
最近、刊行がはじまった 小学館の 日本の歴史 全巻 (現在3巻まででてます)
図説、世界の歴史 全十巻 


科学関係

ブルーバックスの興味のあるのを揃える。
主に宇宙、量子論、脳 関係

思想
ダンテ 神曲
これはちょっと浮かばない。

本にまつわる本

読書論、お勧め本の本。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援お願いいたします。




本の周辺 | コメント:14 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。