輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

奇書

昔読んだ本を発掘して紹介します。

ミステリー(探偵小説)の3大奇書
ベスト3 と謳われている


1:小栗虫太郎 黒死館殺人事件

2:夢野久作 ドグラ・マグラ

3:中井英夫 虚無への供物

皆さんもよくご存知かと思いますがミステリー(探偵小説)の3大奇書
ベスト3 と謳われています。


小栗虫太郎はペンダントリー趣味満タンで雰囲気が抜群です。絢爛豪華な大伽藍といった感じ。その世界に酔いましょう。

夢野久作は 何これっ? 読者の理解をはじめから度外視したかのような異様さ。

中井英夫は この中では比較的、普通かな?作者が アンチ・ミステリーとしてこれを書いた事は有名。 

すべて一筋なわではいかない 本です。でも読む価値あり。必読。

スポンサーサイト
発掘 | コメント:5 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。